Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« June 2005 | Main | September 2005 »

August 06, 2005

霊魂は存在するか?

別に、そっち系の内容ではない。

結論から言おう。
この件に関し、コメントしている科学者は、科学者たる資格を自ら、放棄している人が圧倒的多数である。

以下、その理由を述べる。

科学とは、自然界の森羅万象を観察し、その一部に着目して、そこから仮説を導き出し、観察・実験・推論などにより考察し、結論を得ていく学問だと思っている。

そういう意味で、「霊魂は存在しない」という仮説を立てることは、科学的に見て、何ら問題はない。
残念なのは、その点について、何ら実験もせず、推論もせず、観察もせず、即、「あり得ない」という結論に至ってしまう点である。

その精神構造に置いては、地動説を唱えたガリレオを弾圧したカトリック教会の精神構造と、何ら変わることがない。

たとえば、地球物理学者に、「エイズ問題に関する専門的な見解」を求めたら、「専門外なので分からない」と、即答することだろう。

でも、心霊現象は、なぜか、即答するのである。
これが、「科学者」の有り様だろうか?

この点に置いて、唯一、科学者に近いのが、早稲田の大槻教授である。
(リンクOKとも、不可とも書かれていないので、載せました)

教授は、「霊魂は存在しない」という仮説(以下、大槻仮説とする)を立て、すばらしいのは、それにとどまらず、自らの手で、それを、実験によって、確かめようとしている点である。
これは、正しいと思う。

真実は、常に一つである。
故に、肯定・否定どちらの立場から始めようが、予見を交えず、現象に素直に耳を傾けている限り、必ず、同じ場所にたどり着く。

ただ一点。
いまだ、大槻仮説に過ぎないのに、断定しておられる点が、残念である。

火の玉は、プラズマによって、そのほとんどを再現しうることを、科学的に証明した。
これは、一定の評価をしうると思う。
ただ、「全ての火の玉が、プラズマ由来である」という証明は、されていない。

プラズマ由来の火の玉もあれば、霊魂由来の火の玉もあるかもしれない。
この点については、何ら実証されてはいない。

にもかかわらず、断定されてしまっていることが、残念でならない。

プラズマで再現できた以上、「火の玉は、プラズマによる現象である」という大槻仮説を立てることは、全く正しい思考経路であると思う。
ただ、「結論」ではない。

それでも、地球は動く

と、言われたとき、それでもまだ、現段階で断定されますか?
科学者の皆さん。

August 03, 2005

夏場の水分補給時は、塩分もね

大量に汗をかいた後の水分補給は、塩分などのミネラルの補給も、必要です。
こんな事は、あちこちで目にしていることでしょう。

一番手軽で、確実なのが、スポーツ飲料を飲むことです。
代表的なのが、ポカリスエットと、アクエリアスでしょう。

実は、ポカリスエットの方が、糖分が多いらしい。
これは、「薬屋の意地」なんだそうだ。

あれ以上糖分を減らすと、吸収が遅くなるらしい。
それ故、批判を承知で、糖分を減らさないらしい。

本当なら、それはそれで、立派な意地である。

そのせいかどうか、アクエリアス側も、この夏から、「吸収スピード」を、うたいだした。
糖分を増やさず、吸収スピードを上げたらしい。

さて、その比較や如何に。

まあ、味自体は、どっちでもOKです。
その都度、最初に目に入った方を、買ってます。

ただ、多くの職場環境で、スポーツ飲料を、好きに飲める環境は、少ないことだろう。

暑い環境の工場などでは、休憩室に、番茶と梅干しが置いてあるらしい。
これが、うまいんだそうだ。
汗をかいた後の梅干しと番茶は、めちゃくちゃうまいらしい。

農家などでは、縁側で、漬け物をお茶請けに、「縁側会議」に、花を咲かせていたようだ。
やはり、昔の人の生活の知恵と言うべきか。

体液の塩分濃度は、0.9%らしい。
この濃度に調整された点滴を、生理的食塩水という。業界用語で、生食である。
これを、実際に作ってみると、しょっぱくて、とてもじゃないが、飲めたものじゃない。

夏場は、結構、塩分を取っても良いようだ。

勘違いしない方が良いのは、あくまでも、「大量発汗時の水分補給時」の話であることだ。

ちょこちょこ飲む分には、それほど、塩分補給には、気を遣わなくても良い。
体が、調整して取り込んでくれるからだ。
大量発汗時は、せっぱ詰まっているので、調整が間に合わないと言うことらしい。

普通のオフィスで、外回りから返ってきて、塩分を補給したいときは、どうしたらいいだろうか?

意外に、塩分補給するものが、少ない。
綺麗なオフィスで、漬け物や、梅干しでもないだろう。

で、探してみたら、コンビニの酒のつまみが、良いみたい。
日持ちのするものも結構あるからだ。

私が一番、好むのは、ミニサラミだ。
一口サイズで、それぞれ、包んであるやつだ。

早速、コンビニに行ったら、これが、存在しない。
サラミ自体はあるのだが、結構、大きめのものしか置いていない。

世の中、うまくいかないものだ。(^◇^;)

そうそう、酒のつまみを食べて、

ビールもってこい!!

と、飲んべえが騒ぎ出しても、責任は持てませんので。
あらかじめ、ご承知おきください。(^^)

« June 2005 | Main | September 2005 »