Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 庶民の味方ってだれ? | Main | オゾンホールの後に »

September 23, 2005

フロン全廃は、有効か?

結論から書けば、「やらないよりマシ」である。

フロンと、オゾン層破壊の因果関係については、説明の必要はないと思う。
フロンが成層圏に達した結果放出する塩素原子1個で、数万個のオゾン分子を分解するらしい。
その結果、オゾン層に穴が空き、オゾンホールが出来る。
そして、オゾン層が防いでいた有害紫外線が、そのまま地表に降り注ぐことになる。

それはさておき、1980年代後半から、これらのことが言われだし、国内に置いては、フロンは、使われないようになった。
これによって、フロン問題は解決したと思っている人が意外に多い。

だが、実際には、そうで無いどころか、今なお、どんどん進行中なのは、ご存じだろうか?

フロンは、非常に安定した物質で、成層圏に至るまでは、変化しない。
で、空気の比重と近いみたいで、ゆっくりと上昇していく。
地表で放出されたフロンがオゾン層に達するのに、20〜30年掛かるらしい。

と言うことで、分かりやすく25年掛かるとしよう。
いま、2005年である。
と言うことは、今、オゾン層に到達しているフロンは、1980年頃放出されたものである。
しかし、叫ばれ出したのは、80年代後半。
1990年に、世界中が一斉にやめたとしても、まだ、10年間は、フロンの上昇が続くことになる。
これらのフロンは、今なお、ゆっくりと上昇中なのだ。

要するに、これから、少なくとも10年くらいは、オゾン層の破壊が続くことになる。

私の子供の頃は、日焼けした肌を、「健康色」と言っていた。
また、夏に背中を焼くと、冬に風邪を引かないとも言っていた。

それが今では、UVカットだの、正反対の情報が流れてくる。
しかも、その切り替え時は、一切、説明がなかった。

要するに、オゾン層の破壊が進み、紫外線を浴びると、健康になるどころか、健康を害するおそれが出てきたので、UVカットの方向に、指導したんでしょ?

で、それを公表すると、非難を受けるので、こっそりと推奨しているんでしょ?

もう一度書きます。
少なく見積もっても、これから10年間は、オゾン層の破壊が、どんどん進んでいきます。

これを止める方法は以下の通り。

1.イスカンダルまで行って、空中フロン除去装置を貰ってくる。
2.兄弟星のガミラスで、オゾン発生装置を貰ってくる。

どちらにしても、地球の大きさを指定して、惑星規模で効果のある装置を貰ってきてください。

さて、どちらにしますか?
両方?
それも良いでしょう。

え?
ヤマトがない?
えーーーーーっ、これから作るの?
間に合わないじゃん。

じゃあ、それまでの間、地球人全員用の防護服でも支給してよ。
国連あたりがさぁ。

« 庶民の味方ってだれ? | Main | オゾンホールの後に »

心と体」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/6078408

Listed below are links to weblogs that reference フロン全廃は、有効か?:

« 庶民の味方ってだれ? | Main | オゾンホールの後に »