Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 小沢副代表、出馬断念 | Main | 庶民の味方ってだれ? »

September 17, 2005

無党派ノススメ

「天は、人の上に、官僚を作らずと言えり」

日本が、政・官という面で、再生に向かうきっかけとして、二つをあげた。

小泉さんの手による官僚組織の完全破壊と再構築。
満場一致で推薦された豪腕の錬金術師の登場。

である。
後者は、代表選挙に出馬しないことにより、可能性は無くなったと言っていい。
で、前者であるが、これまた、可能性は、きわめて低い。
それどころか、官僚主導による、増税、形だけの民営化で、官僚の利ざや増大の黙認と、官僚への全権委任とも見える始末。

こうなってくると、もはや、官僚の独走を止める方法は、無いに等しい。

まず、誤解の無いように書いておくが、官僚イコール公務員ではない。
官僚とは、官吏のうち、国政に影響を与えうる力を持った上級官吏を言う。

自前の靴をすり減らして、犯人を捜し回る刑事さん。
要救助者の元へ駆けつけるべく、炎の中へ飛び込んでいく消防士。
税金未納者の元へ徴収に行って、バットで追いかけられて、殺されそうになった税務署職員。

彼らのことではない。
繰り返すが、一緒にしないように。
国家公務員、県職員など、そもそも、管轄が違ったりするが、一般には、同列視しているようなので。

また、官僚も、悪さばかりしているわけではない。
戦後の焼け跡から、今日の日本を作り上げたのは、勤勉な労働者がいたのだけが、理由ではない。
優秀な官僚の指導の元、今日の日本を作り上げたというのも、否定できない事実だ。

また、日々発生してくる諸問題に対し、専門知識など全く持たない素人大臣。
ころころ変わり、行政に対して、何の責任も果たさない首相。
自分たちに、圧力を掛けることしかしない族議員。

この状況の中で、待ったなしで、諸問題をクリアしていかねばならない官僚達の全てが、税金泥棒ではない。

しかし、今日の官僚組織というものを、総体的に見てみると、将来の日本にとって、障害にしかなっていないという事しか映ってこない。

官僚組織というものは、行政がうまくいっているときには、実に、うまく機能する仕組みだ。
しかし、今のように、改革をしなければ、立ちゆかないという状況では、障害以外の何者でもない。

官僚組織全体の意識としては、保身と、既得権益の確保以外を指向していない。
これは、害のみである。

しかし、一般国民は、官僚をコントロールするすべを、事実上、持っていない。
それは、彼らが、そのように、今のシステムを作り上げてきたからだ。

唯一、官僚に対して、影響力を持ちうるのが、内閣、国会議員なのだが、官僚の提供する居心地の良い環境にあぐらをかいて、何もしようとしない。
まして、圧倒的多数を得てしまった今となっては、恐れるものは何もない。

そこで、表題となってくる。
いっそのこと、無党派層が、圧倒的多数になればいい。
なぜなら、国民が、これから目を向けていかねばならないのは、官僚の横暴であるからだ。
官僚の悪いところを、かけら一つ残さず、たたき壊す。
良いところは、もれなく残す。

これをなし得るのは、制度上、内閣、国会だけである。
しかし、彼らは、決して、この面で動こうとはしないだろう。

そこで、無党派の行動が、無視できなくなれば、どうだろう。
小選挙区制は、風次第で、一気に形勢が変わりうる側面を持つ。

その風に、一番影響を受けるのが、無党派層である。
この無党派の風が、官僚にまともにぶち当たれば、国会も無視できなくなる。

日本を立て直すためには、官僚組織を再構築することが急務なのに、このままでは、絶対にやらない。

これをやらせるためには、この方法しかない様に思う。
これは、決して、素晴らしい案ではない。
しかし、今となっては、これしか残されていないように思うがどうだろう。

内閣が、官僚の良いなりになったら、支持率を20%以上急落させる。
本当の再構築に乗り出したら、ちゃんと評価する。
そうやって、国民の意思を、ちゃんと内閣に伝えることこそ、日本を再生する唯一残された道のように思う。

なお、総選挙以来、結構、政治ネタを書いてきたが、これで一段落の予定。
どうせしばらく、代わり映えしないだろうから。

« 小沢副代表、出馬断念 | Main | 庶民の味方ってだれ? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/5987298

Listed below are links to weblogs that reference 無党派ノススメ:

» 1.この国を会社に例えれば、この国のしくみはすぐにわかる [日本のしくみ]
①どうして日本はダメなのだろう?  ―――日本がダメになっているこれだけの事実 [Read More]

« 小沢副代表、出馬断念 | Main | 庶民の味方ってだれ? »