Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 構造改革概論 3.問題点の奥に | Main | 歴史上の有名人の名前って、あれで良いの? »

October 25, 2005

源平絶えて、北条残る

今年は、NHKの大河ドラマは、義経である。
歴史で学んだ、うつろな記憶をたどると、次のように記憶している。

義経の活躍により、平氏は滅び、絶えた。
また、その源氏も、北条氏の暗躍により、三代で絶えた。

もう少し詳しい人になると、こんな異論があるかも知れない。

いや、各地に平家の落人部落があり、完全に絶えたわけではない。
源氏で絶えたのは、嫡流であって、傍流は残り、建前だけの将軍として祭り上げられていたはずだ。

で、結論を言えば、源氏、平氏共に、滅ぶとか絶えるとか言う性質のものではないのだ。
そして、絶えてはいない。

源氏とは、皇族が臣下に下る際に、付けられる姓である。
正しくは、源朝臣となる。
これは、根元、ルーツとか言う意味で、天皇の皇子、皇女などが下る際に付けれらる事が多い。
嵯峨天皇の皇子などを、嵯峨源氏、清和天皇の子孫に付けられたのを清和源氏などと称する。
なので、源氏を名乗る一族は数多く、絶えるとかは、まずあり得ない。

鎌倉幕府を開いた源頼朝は、この清和源氏の流れである。
この清和源氏は、数多い系統を生むが、その中の一つが、河内源氏で、この系統から源頼朝が生まれた。
この河内源氏は、武家の棟梁としての性格を持っていたため、「源氏の棟梁」と称していただけだ。
そもそも源氏の嫡流などは存在し得ないので、滅びようがない。

平氏もそう。
皇族が臣下に下る際につけられる姓、平朝臣を、平氏という。
源氏との違いは、天皇の孫以降の代に付けられることが多いので、源氏よりも格下と見なされている点だけだ。

この平氏も、多くの系統があり、その中の一つ、伊勢平氏の傍流から平清盛が生まれた。
この平清盛の一族を、「平家」といい、他の一族には、用いられない。
なので、義経が滅ぼしたのは、「平家」である。

ちなみに、現在、源、平を名乗る一族は存在しない。
それぞれ公家などとして、存続しており、それぞれにちなんだ姓を名乗っておられるようだ。

参考文献:あっちこっちのWeb(主にWikipedia)

« 構造改革概論 3.問題点の奥に | Main | 歴史上の有名人の名前って、あれで良いの? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/6569969

Listed below are links to weblogs that reference 源平絶えて、北条残る:

« 構造改革概論 3.問題点の奥に | Main | 歴史上の有名人の名前って、あれで良いの? »