Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 構造改革概論 5.何をすべきか | Main | 構造設計事件の理解への準備 »

November 12, 2005

構造改革概論 5.さいごに

今まで書いてきて、改革せねばならないのは官僚組織とか言っている割には、官僚の肩を持つ様な記述が多いと、思われているのかも知れない。

しかし、これは、意図して書いているものだ。

次のようなことわざがある。

馬を水辺に連れて行くことは出来るが、無理矢理水を飲ませることは出来ない。

記憶によって書いているので、細部は違っているかも知れないが、意味は、大体、上記の通りだ。

確かに、構造改革を実現するためには、官僚組織の破壊と再構築を避けては通れない。

しかし、これを実行するのは、国民でもなく、政府でもなく、政治家でもない。
官僚自身なのだ。
また、改革項目のうち、大項目は、政府や諮問機関などが決めうるが、細目の決定や、その実行は、官僚自身の自発的な行動を待つしかない。

本当に構造改革を成し遂げようとしたら、官僚自身が、自発的にのりだし、自発的に変えていかないと、効果は上がらない。

故に、真の構造改革の端緒は、官僚の意識改革から始めなければいけない。
いま、衆院で圧倒的多数を占め、与党内でも、専制とも見える権力を得、国民からの支持率も極めて高い、現首相の指示に対して、さすがの官僚も、表だって逆らえないようで、表向き、素直に言うことを聞いているように見える。

しかし、連中の腹の中は、分かったものではない。

なので、再度言います。
まず、取りかかるべきものは、官僚の意識改革です。
これから始めないと、結局、同じ事の繰り返しです。

そのため、ここでは、官僚に対して、認めるべき点は、認めてきたわけです。
連中を、一方的に非難するだけでは、何も始まらないのです。

増税をなし得るための、プロパガンダとしての財政赤字の宣伝とは異なり、実際の財政赤字は、まだ少しの余裕があるとは思います。
しかし、いずれ、事実になってきます。

ただでさえ、人手が足りない中央国家公務員の人員を減らすのは、反対です。
あなた方の雇用は、定年まで、安泰にしておきます。
そのかわり、国家百年の大計を見据えた上で、今、何が必要で、何が不要かをしっかりと見極め、迅速に実行してください。

それをなし得るのは、あなた方だけなのです。
あなた方が優秀だから、ではありません。
他に、それをなし得る権限と知識を持った人がいないからです。

自分たちの既得権益の保護だけに専念し、効率はそっちのけ。
日増しに増大する財政赤字には、目をそむける。
これでは、日本の将来は、無いも同然です。

そうなったとき、日本国民である、あなた方の息子や娘もまた、将来を悲観し、刹那的に生きるようになるのです。

「何のために、せっせと働くのさ?意味無いじゃん。」
と言われて、返す言葉が無くなってからでは、遅いのですよ。

それとも、このままでも、
「お父さんは、日本のために、身を削って働いてきた。
それだけが、お父さんの誇りだ。」
と、言い放ちますか?
そこまで、傲慢ですか?

官僚一人一人の良心ではなく、父親であり、母親である、あなた方の良心に期待します。

子供達が社会人となったとき、われわれは、「先人」なのです。
彼らに、誇れるような官僚であってください。

« 構造改革概論 5.何をすべきか | Main | 構造設計事件の理解への準備 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/7065472

Listed below are links to weblogs that reference 構造改革概論 5.さいごに:

« 構造改革概論 5.何をすべきか | Main | 構造設計事件の理解への準備 »