Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 構造設計事件の表側 | Main | 信長は日本の敵 »

December 26, 2005

青春アミーゴは大顰蹙

忘年会のカラオケの話である。
この歌、おじさん連中にも、評判が良いそうだ。

たしかに、昔のツレとの思い出や、古き良き時代を思い出させないでもない。
11月に発売されたのに、年間売り上げ1位に輝くという快挙を成し遂げた様だ。

しかし歌っているのは、ばりばりのジャニーズアイドル二人なので、当然、OL達の受けも良い。
また、振りのDVDまで発売されていると合っては、おじさんとしては、覚えて、受けを狙わない訳にはいくまい。

で、表題のこととなる。
「振りまで完璧で、なりきってやられると、返って引く」
「キモイ」
「ウザイ」

など、評判はさんざんである。

しかし、反対の意見もある。
「大好きな歌なので、とっても楽しかった。」
「超盛り上がった」

と言う意見もある。

要するに、ケース・バイ・ケースみたいだ。
つまり、もともと、好感を持たれているおじさんなら、好感を持たれるし、そうでない場合は、何を歌っても、反感を買うのである。

ド演歌を歌えば、しらける。
若者にこびて、こういうのを歌えば、引かれる。
中途半端な古さの歌だと、ウザイ。

これ、結局の所、歌は、直接関係ないんだと思う。
かっこいい上司の歌う演歌は、聞き惚れるが、ださいおっさんの青春アミーゴは反感を買う。

結局の所、何を歌っても、結果は同じなのだ。
褒めてくれるのは、ごますりのヨイショ野郎だけだろう。

ねぇ、必死になってのウケ狙いは、もう止めません?
若い頃、そこそこしかもてなかったあなたが、もっと不利な中年になってから、若いOLに、もてるはず無いでしょう。

似たような連中集めて、「演歌縛りカラオケ」「昭和縛りカラオケ」などをやらかした方が、楽しくないですか?

賛否両論あるだろうが、メンバーを間違えなければ、カラオケは、とても楽しめる遊びである。

無礼講という名の地位確認の会合(忘年会)において、恥を忍んで行うパフォーマンスはさておき、二次会くらいは、親父パワー全開で、盛り上がっても、ばちは当たらないでしょう。

「あ?ひよっこどもはお断りだ。40歳未満は、参加資格無し。
ケツの青いのがとれたらおいで。」

位かましてみようではないか。

え?
それじゃ、OLがいないって?
どうせ、タクシー代せびられて、さっさとお帰りになるのがオチですって。
それとも、楽しい「お持ち帰り」でも、期待してますか?(^◇^;)

« 構造設計事件の表側 | Main | 信長は日本の敵 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事