Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 構造設計事件の理解への準備 | Main | 構造設計事件の表側 »

December 07, 2005

構造設計事件−業界の裏側−

元業界人として、今回の事件の感想を書く前に、知っておいた方が良い事を書いておく。

1.確認申請の裏側

確認申請は、あくまでも、「建築基準法に違反していない」事を確認する為のものだ。
安全である」かどうかを判定するための手続きではない。

・コネを使って、ギリギリでアウトな設計を通す。
・確認申請の図面と、できあがった実物は違う。

こんな事は、日常茶飯事である。
設計者も、役所(今は、一部民間)も、来るべき地震に対して、100%安全であるなどと言う保証はしていないのだから、大地震で全棟倒壊しても、誰の責任でもない。
つまり、確認申請とは、「やらなきゃいけないからやる」為のものだ。
言い換えると、「とんでもなく悪質な建物が建たないようにするための最小限の歯止め」だ。

また、今回、大量の見落としがあったが、過去にさかのぼればのぼるほど、見落としは増えていくことだろう。
そして、そのほとんどは、役所の確認のはずだ。

故に、今回の見落としに関しては、ほとぼりが冷めるまでおとなしくしておき、お構いなしになることだろう。

2.業者の裏側

建築を依頼し、基礎設計が出来、大まかな見積ができあがってきたとき、ほとんどの場合は、施主の予算をオーバーしていることだろう。

その後の流れは、二つに分かれる。
VEと、値引きである。

VEとは、設計変更のことで、総檜作りの設計を、一部外材を使ってコストを落とすとか、クロスの程度を落として、価格を安くするなどの仕様変更や、間取りを変えて、安くしてみる作業のことだ。
これは、ほとんどの場合に起きる作業で、何の問題もない。
むしろ、これを嫌がる業者は、さっさと縁を切った方が良い。

もう一個の値引きは、絶対にしてはいけない。
つまり、値引きとは、詳細な見積が出たあとで、総価格を下げてくれるように交渉することだ。

たいていの業者は、断るはずだが、仕事がない業者だと、承知するかも知れない。
しかし、そのしわ寄せは、施主に来るのだ。

連中が何をするかというと、見えない部分で手を抜いたり、品質を落としたりして、利益を確保しようとするのだ。
まあ、クロスの程度を落とすくらいならまだ良い。
躯体内部で抜かれたら、取り返しが付つかない。

で、往々にして、現実のものとなる。

結局の所、「信頼の置ける業者に頼む」に、尽きる。

実際に、ある大工さんに、予算オーバーのため、木造の柱を檜からもっと安い材料に変えるように、施主が頼んだことがある。
その結果、
「そんなら、やらねぇ」
と、仕事を断りかけた。

何でも、変えたところで、大して値段は変わらないし、強度が段違いだからだそうだ。
納得できない家は、絶対に建てたくないと言うことのようだ。

こういう人は、実在するし、少数でもない。

3.設計基準の裏側

コンクリート強度を表す数値には、いくつかの表現方法があるが、そのうちの生コン(固まる前のコンクリート)を発注する場合、「210/12/25」などと表現する。
それぞれの数値は、常時変動する。
210は設計強度、12はスランプ値、25は骨材の最大粒径である。
このうちの骨材の最大粒径に注目する。

コンクリートに砂利が入っているのを知っている人は多いと思う。
川でとれる丸くなった砂利が最適であるが、今時、入手困難なので、たいていは、砕石を使う。
で、それの規格が、たとえば、0−25ということになる。
つまり、25ミリよりも、大きい石は入れないでね、と言う注文だ。

鉄筋の配筋も、これを基準にして、配置される。

鉄筋コンクリートは、鉄筋の周りをコンクリートで覆う。
一本一本の周りに、一定の厚さのコンクリートが無ければいけない。

このため、躯体表面から一定の幅を取ることになっている。
これを、かぶり厚さという。
で、鉄筋の間隔も、骨材の最大粒径が25ミリなので、これよりも広くしないといけない。
そうしないと、生コン内の骨材が鉄筋間でつかえてしまって、コンクリートが廻らなくなるからだ。

しかし、実際は、そうはできない。

鉄筋コンクリート造設計基準と言うものがある。
実際の構造設計は、これを基準にして設計される。
耐震基準が変更される以前から、配筋は、現場監督の悩みの種であった。

なぜなら、設計基準通りに鉄筋を入れると、鉄筋間隔が確保できないし、間隔を確保すると、鉄筋が収まらなくなるからだ。

また、鉄筋には、定着というものがある。
鉄筋の長さには限度があるので、長いスパンの梁などを作るときは、つなぐことになる。
また、梁の終わりで止めてしまっては意味がないので、柱の中に、一定の長さの鉄筋を差し込んで、固定するようにしている。
これを、定着という。

柱の中には、柱自体の配筋に加えて、これらの鉄筋も割り込んでくる。
で、入らない、と言うことになる。

実際の現場でどうしているか?というと、基準通りに鉄筋を入れることが多い。
鉄筋を減らしたことが分かると、とんでもないことになるからだ。

その結果、鉄筋間隔がとれないどころか、ビチッと鉄筋がくっついてしまうことも多々ある。

その後、お構いなしに型枠を組み、生コン打ちの行程に移っていく。

これを、現場のものが評して曰く、「鉄筋造コンクリート被覆付き

いまは、耐震基準が強化され、さらに鉄筋量が増えていることだろう。
ますます、現場監督が、頭を悩ませているに違いない。

「鉄筋の径を足していくと、柱の幅を、100ミリも超えちゃうよぉ」

ちなみに、こうした建てたビルが、倒壊したという話は聞いたことがない。

世間で言う「手抜き工事」とは、こんなレベルの「抜き」ではないのだ。
そして、こういう手抜き業者は、残念ながら、実在する。

このようなことは、常識以前の問題であって、ことさら、言及するには及ばないレベルのことである。
しかし、ニュースに置いては、このことに一切言及せず、ことさら、視聴者の不安をあおっているように思えてならない。

そういう人が、「あおられた故の杞憂」を廃して、枕を高くして眠れるように、これを書いた。

念のため繰り返すが、今回の事件の建物は、これには当てはまらない。
該当建物に住んでいる人は、安心してはいけませんよ。

« 構造設計事件の理解への準備 | Main | 構造設計事件の表側 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/7511718

Listed below are links to weblogs that reference 構造設計事件−業界の裏側−:

« 構造設計事件の理解への準備 | Main | 構造設計事件の表側 »