Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 裁判員制度 | Main | 九十九里浜は、99里無い? »

April 17, 2006

B-CASって知ってる?

地上デジタル放送を見る場合に必須となるカードのことだ。

株式会社 ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズが貸与するICカードを、B-CASカードという。

これを受信機器に差しておかないと、一切見れなくなる。
つまり、視聴者からすると、心臓部といえる。

この会社は、NHKを初めとする放送事業者などが共同出資して設立した民間会社である。

この仕組みについては、様々な問題点が指摘されているが、ここでは書かない。

まず、書いておきたいことは、今後、日本のテレビ放送の全てが、この民間会社に支配されるということ。

もう一つは、この会社について、ほとんど情報が明らかにされていないと言うこと。

この二点については、書いておきたい。

現在、地上デジタル放送を受信するためのチューナーが売られている。
しかし、価格がいっこうに下がらず、ほとんど普及していない。

視聴可能なのは、TVを買い換える際に、先行投資として、地上デジタル放送対応機器などを購入した人くらいではないだろうか。

この専用チューナーの価格は、そのほとんどを、B-CASカードの価格が占めており、メーカーとしても、これ以上、下げようがないという噂を聞いたことがある。
ハード部分は、かなり、コストダウンしているのだが、価格に占める割合が低いので、さほど、割安感が起きてこないのだ。

ただ、この点について、確証は得られなかった。

再発行が、三千円なのに対し、メーカーが支払う原価は、二万円くらいらしい。
ま、未確認である。

そこで、確実なことについて書いておきたい。

確実なのは、ざっとネットを当たったくらいでは、この会社の実像は見えてこないと言うことだ。
役員の経歴すら、明らかではない。
かろうじて、社長が、NHKの偉いさんだと言うことだけは、分かった。

しかし、そのほかの役員は、一切合切、分からなかった。

これ以上は、マスコミか、業界関係者でないと、調べようがない。
つまり、公開していないのだ。

それ以外の情報も、極めて乏しい。

まず、放送業者、機器販売会社の、当たり障りのない情報が書かれているか、根拠を示さない、個人的な意見が述べられているに過ぎない。

日本のテレビ放送の全てを管理しうる民間会社の情報が、地上デジタル放送が開始されてからしばらく経っている現在でも、ほとんど得られないというのは、きわめて異常である。

試しに、松下電器について調べてみた。
簡単に、トップの人となりとか、公の活動内容が、見て取れる。
もちろん、個人情報などは、手に入らないが、私はいらないので、これで十分だ。

しかし、このB-CASについては、一切、ヒットしなかった。
これは、きわめて異常である。

ネットで、この仕組みが取りざたされているのに、である。
2ch辺りでは、洗いざらい晒されていてもおかしくないのに、少なくとも、サーチエンジンではヒットしない。

天下り会社であるのか、そうでないのか。
これすらも分からないのだから、異常事態である。

« 裁判員制度 | Main | 九十九里浜は、99里無い? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/9638146

Listed below are links to weblogs that reference B-CASって知ってる?:

« 裁判員制度 | Main | 九十九里浜は、99里無い? »