Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 九十九里浜は、99里無い? | Main | 下流社会-その読み方- »

April 26, 2006

竹島問題

いつになったら、解決するやら。
いっこうに、先が見えない状況である。

で、資料を集め出したわけだが、結論を書けば、アホらしくて止めてしまった。
論証すべき内容など、どこにもないのだ。

まず書いておきたいのは、占領していた日本人を追い出して、日本まで乗り込み、当時の幕府に、自らの正当性を認めさせ、堂々と帰国したらしい英雄、安龍福に関して、幕府が、朝鮮王朝に出した質問書に対し、東莱府使からの正式の回答書がある。
これによると、「漂風ノ愚民ニ至りテハ、......朝家ノ知ル所ニ非ズシテ」と回答されている。
英雄、安龍福個人の言い分と、朝鮮王朝の正式の回答書のどちらを信頼するかという問題だが、.............勝手にやって欲しい。
要するに、かの主張が、確固たる歴史的事実として認定し得ない、と言うことさえ確認できれば、十分だ。

また、第二次大戦後、韓国への占領地返還の際、竹島(旧松島)なども含めて欲しいという韓国政府の要求に対し、「認められない」と回答したのは、日本政府ではなく、アメリカ政府だ。

ややこしいのは、幕府の資料として残っている「竹島一件」とは、現在の竹島のことではないと言うことだ。
鬱陵島(旧竹島)に関しては、韓国政府の言い分もあるだろうから、必要なら、議論すればいい。
ただ、日本政府は、この件に関して、異論を唱えてはいない。

故に、竹島(旧松島)を朝鮮王朝が支配していた、という客観的な証拠が韓国側に無い上に、日本(幕府)が、実効支配していたという資料が多々存在すると言う事実がある以上、アメリカの正式回答を不服とし、強引に実効支配に乗り出した韓国政府の行動に、理はないと考える。

まとめておくと、竹島(旧松島)の領有権が、話題になったのは、第二次大戦後のことであり、実は、比較的新しい事件なのである。

さて、この一文を公開するにあたり、いささか躊躇したのは事実だ。
やっぱり、理屈も何もあったものじゃない、感情的な異論が返ってくるのだろうか?
はてさて。

« 九十九里浜は、99里無い? | Main | 下流社会-その読み方- »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/9775592

Listed below are links to weblogs that reference 竹島問題:

« 九十九里浜は、99里無い? | Main | 下流社会-その読み方- »