Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« ダ・ヴィンチ・コードは日本向け | Main | FIFA2006 優勝はブラジル »

May 23, 2006

五月晴れの頃

ちょうど今、五月。
この間、とんでもなく気持ちの良い晴れの一日があったが、これを持って、「五月晴れ」というのだろうか?

実は、微妙。

言葉は、時代と共に変わってくるものだからだ。
事実を知りたければ、国語辞典を引いてみればいい。
大きく分けて二つの意味があるからだ。
現在の意味と、古い意味の二つだ。

現在の意味は、説明するまでもないだろう。
この意味では、この間の晴天の一日は、紛れもなく、「五月晴れ」に違いない。

古くは、五月雨(さみだれ)の合間の晴れ間を言った。
つまり、「梅雨の中休み」のことだ。

うっとおしい雨が続く梅雨にあって、時折訪れる、爽やかな晴天の時。
これを、「五月晴れ」と言うようになったのだ。

その清々しさは、容易に想像が付く。
それ故、特別の名前が命名されたのだろう。

この古い意味で言うと、六月が水無月であることも説明が付く。

「梅雨真っ盛りなのに、水が無い?」
という、見当違いのネタも激減することだろう。

今で言うと、梅雨が明け、小学校などの夏休みが始まってからしばらくの間、あまり雨が降らない時期がある。
降っても、雷雨が多い。

この時期が、旧暦では、六月に当たる。
それ故、「水無月」と命名されたのだ。

「五月晴れ」は、これから訪れる、天の贈り物のような一日のことなのだ。
今年は、古来の意味の「五月晴れ」を満喫されることを、切に希望する次第である。

そうそう、「ごがつばれ」などと読まないように。
当然、「さつきばれ」と読んでくださいね。

« ダ・ヴィンチ・コードは日本向け | Main | FIFA2006 優勝はブラジル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/10201067

Listed below are links to weblogs that reference 五月晴れの頃:

« ダ・ヴィンチ・コードは日本向け | Main | FIFA2006 優勝はブラジル »