Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« August 2006 | Main | October 2006 »

September 26, 2006

変わり映えしないなぁ

いろいろな分野で、である。
久しぶりの更新であるが、実は、何もない。
書くべき事が無いのだ。

ニュース的には、色々ある。
もうじき、安部総理が誕生する。しかし、大して大きな変化は、見込めないだろう。

なぜならば、真に改革すべきは、官僚社会であるからだ。
この鉄壁の牙城を突き崩せるようには、見えないのだ。

大体、安部なのか、安陪なのか、調べないと分からないくらいだ。

人心の荒廃も、ますます進んでいる。
女性や子供などの、弱者が犠牲になっている事件も頻発している。

しかし、日本全体から見ると、大して、変わり映えしていない。
「東部戦線異状なし」なのだ。

このままで良いと思っている日本人は、少ないことだろう。
そして、「何とかなって欲しい」と思っている人も多いに違いない。
しかし、「どうしたら良いのか?」を、考えている人は、少ないと思う。

たとえば、明日を境に、日本から、全ての犯罪を無くすことは、可能です。
今晩0時を持って、全ての人が、

明日から、一切の犯罪を止めよう。

と、心を入れ替えれば、一気に達成できる。
そして、その可能性は、決して、ゼロではない。

実現の可能性は、0.0000000.......%。一体、いくつゼロを付けたらいいか分からないくらい小さいが、決して、ゼロではない。

人が生まれ変われる可能性がある内は、ゼロにはならない。
まあ、ほとんどゼロと同じくらいではあるが。

パンドラの箱を開けると、箱から、ありとあらゆる悪が、世に出てしまい、最後に、箱の隅に、ひっそりと希望だけが残っていた、という神話は、知っている人が多いと思う。
まさに、今、この状態なのだろう。
はたして、日本人が開けてしまったパンドラの箱の隅には、何が残されているのだろうか。

« August 2006 | Main | October 2006 »