Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 結婚できていない女達 | Main | 2007年総括 »

December 08, 2006

硫黄島からの手紙

クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作のうちの二作目、硫黄島からの手紙が、今日、公開されるらしい。
ハリウッド映画には珍しく、全編、日本語だけの映画になるらしい。

この硫黄島からの手紙は、実話で、今なお、その手紙が、遺族の元に現存するらしい。

その手紙のほとんどは、普通のお父さんであったり、旦那であったり、兄貴である兵士達が、日本を守るため、というか、徴兵されて、無理矢理連れて行かれた地獄から、家族に当てて送った手紙だ。

おそらく、この映画は、これからアメリカや日本を率いていくことになる若者に見て欲しいのだと思う。

しかし、彼らの心に、このメッセージが届くのだろうか?

この映画を見て、深い思いを描くのは、実際に、自分や周りの人たちが、地獄を見てきたじいさん、ばあさん世代。
そして、今、子供を育てている壮年世代までの層ではないだろうか。

じいさん世代は、自分たちがかつて経験してきた過去の実話として。
壮年世代は、今の自分に置き換えて、それぞれの感慨を抱くことだろう。
それはそれで、有意義なことなのだろう。
そして、その感慨は、新たなる不戦の誓いとなって、浸透していくはずだ。

「っていうか、マジうざくねぇ?」
「タダなら見るかも」
「良く分かんない」

こんなとこかな?
悲しいかな、これが、若者のありがちな反応なのだろうね。

それじゃ、日本人というか、人間として、まずくないかい?

まあ、子持ちのおっさんの独り言です。はい。

« 結婚できていない女達 | Main | 2007年総括 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/12981143

Listed below are links to weblogs that reference 硫黄島からの手紙:

« 結婚できていない女達 | Main | 2007年総括 »