Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 厚労相が、女性蔑視発言 | Main | あるある納豆-偽装の後で- »

February 02, 2007

朝青龍の八百長疑惑

横綱は当然、否定した模様。
まあ、当然でしょう。

そもそも、「八百長」なんて言われても、うん、とは言えないはず。
だって、あの世界じゃ、「注射」と言いますから。
その反対の真剣勝負を、「ガチンコ」と言います。

冗談はさておき、角界の注射汚染は、根深い。
昔から行われてきたし、今もあるだろう。

しかし、それを見抜けないほど、観客はバカではない。
近年、動員数のジリ貧傾向が続いているが、注射故の無気力相撲も、その一因だと思う。

少し前までは、ガチンコが主流だった。
というのは、一番強い奴ら、若・貴が、コテコテのガチンコ力士だったからだ。
平幕連中は、仲間内でよろしくやれたとしても、上位陣は、最低限、二子山勢とは、ガチンコ勝負となる。
注射のうまみが減少し、自然と、ガチンコ勝負が、急増したのだ。

ある理事会で、注射撲滅を提案した理事が、ヤジに晒された。
「注射野郎は、だまっとれ!」

当然、シュンと、黙り込んでしまった。
脛に傷のない親方なんぞ、皆無なのだ。

ある偉いさんが言った。
「注射をなくせるのは、光司だけだろう」

あの世界では、現役当時の最高位が、ものを言う。
故に、先代二子山親方は、大関だった若乃花勝に、例え一場所でも良いから、綱を張って欲しかったそうだ。
最高位が大関故の悲哀を、実感していたかららしい。

現二子山親方は、元横綱だ。
しかも、歴史に名を残す大横綱である。
そして、そのほとんどを、ガチンコで通した。
おそらく、注射というか、わざと負けたのは、優勝決定戦で兄に勝ちを譲った時だけだったろう。

故に、現二子山親方には、誰も、文句を言えない。
脛に傷が無いどころか、押しも押されぬ実績を持つ。

唯一のマイナスは、近年のごたごた騒ぎか。

まあ、親方が、理事長になるのは、ずっと先のことでしょう。
そのことを誰よりも承知していて、心待ちにしてるのが、現理事長なのですから、ここしばらくは、現理事長のやり方を、そっと見守っていましょう。

« 厚労相が、女性蔑視発言 | Main | あるある納豆-偽装の後で- »

スポーツ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/13752623

Listed below are links to weblogs that reference 朝青龍の八百長疑惑:

« 厚労相が、女性蔑視発言 | Main | あるある納豆-偽装の後で- »