Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« あるある納豆-偽装の後で- | Main | ネット環境は、中高年のために »

March 05, 2007

統一地方選挙、行きますか?

大まかな傾向としては、右肩下がりに投票率が下がっている。
というのも、「誰がなってもいっしょ」だからだ。

これは、ある程度事実である。
地方公共団体で選挙によって選ばれるのは、首長と、議員であろう。
面倒なので、市長と議員と表現する。

市の収入の内、かなりの部分を、国からの補助金が占めるのは、ご存じの方も多いと思う。
市が自由に使える補助金と、使い道を指定される補助金がある。
ただ、どっちにしても、予算の内の3割が、地方での収入であることは、間違いない。

故に、市長とはいえ、自分の裁量で行える部分は、ほんの少ししかなく、国に逆らうような施策をすれば、上記の補助金を減らされてしまうため、それも出来ない。

結局のところ、市長は、権限を制限され、予算もなく、有効な改革を行えない仕組みになっている。

これを変えようと言うのが、2000年4月から施行された地方分権一括法であるが、実態は、以前と変わりない。
そればかりか、雀の涙の税源移譲と引き替えに、様々な責任が押しつけられてしまった。

完全な地方自治が実現した暁には、市長は、「誰でも良い」などと言ってはおれない。
しかるべき人材に任せないと、本当に、破綻してしまう。

現在は、国の権限が強まり、市の財源が少なくなっているという過渡期に当たる。
このような難しい時期に、お国べったりの官僚市長や、改革とは名ばかりで、ぶちこわすだけの役立たず市長が、市政を執ったとしたら、即「破綻」になってしまう。

これからの市長は、「誰がなってもいっしょ」では、決してない。
むしろ、名前を出されたあそこには申し訳ないが、

「第二の夕張にならないために」

をスローガンに、しっかりした市長を、選ばないといけない。

なんにも勉強していないくせに、「誰がなってもいっしょ」と、エセ知識人を気取るのは、やめましょう。
知らないなら、知らないと、明言しましょう。

「わっかんなーい」と、公言する女子高生達のほうが、まだましです。

でも、うちの市、良さそうな人、いないんだよね。
どうしましょ。

« あるある納豆-偽装の後で- | Main | ネット環境は、中高年のために »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/14143902

Listed below are links to weblogs that reference 統一地方選挙、行きますか?:

« あるある納豆-偽装の後で- | Main | ネット環境は、中高年のために »