Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« March 2007 | Main | May 2007 »

April 14, 2007

角2封筒の印刷方法 その2

投稿順序の関係から、その1が下になっているだろうから、先に、その1を御覧あれ。

1.封筒の幅を狭くする

要するに、A4書類が入ればいいわけで、これが可能な範囲で、狭くすればいい。
私のプリンタの場合、218ミリ以下にすればいいことになる。
結局、215ミリにした。

狭くする方法は、リサイクルのエコ封筒を参考にした。
これは、のり付け部分を剥がした後、封筒を裏返して、再利用する方法だ。
この場合は、裏返さずに、幅だけ狭くして、再度のり付けする。

で、駄目だった。
印刷までは成功したのだが、幅が狭すぎて、肝心の書類が出し入れしにくい。
加えて、見慣れないサイズなので、違和感ありありだった。
よって、ボツ。

2.ロゴを貼り付ける

インクジェット用の透明シールを売っているので、これに印刷して、貼り付けた。
多少、試行錯誤はいるが、何とか仕上がった。
空気が入らないように貼るなど、若干のスキルがいる。

しばらく、これを採用していたのだが、どうしてもシールが目立ってしまう。
シールは透明なのだが、材質の違いから、光ってしまうのだ。

なので、これが気にならない方は、楽で良い。
A4シール1枚に、3~5枚分は入れ込めるだろうから、印刷後、裁断すれば、コストは大してかからない。

3.封筒を折って、A4幅にする

現在は、これ。
ただ折っただけでは、引っかかってしまうので、差し込み口の部分だけ、10cmほど、メンディングテープで、保護している。
先頭だけ通過すれば、その後ろは、まず、引っかからない。

最近のプリンタドライバは、上下逆にして印刷する指定が可能だ。
私のプリンタの場合、「180度反転する」とか言うチェックボックスだった。
ワープロで対応していない場合は、印刷時に、ドライバ設定画面を開いて、設定すればいい。

印刷後、インクが乾いたら、テープを剥がし、また広げる事になる。
当然、折り目が残るが、私の場合、あまり気にならない。

お客様にお渡しする場合、どうせ、中に書類が入っているので、それほど違和感はないのだ。

プロ作成の角2封筒を見ると、ほとんどは、左右に余裕を見ている。
この余白の部分を、A4用紙と、角2封筒の幅の違い分に割り当て、ギリギリA4用紙に入る用に設定し、出来るだけ角2封筒のセンターに合うようにした。

この試行錯誤は、一度行えばいいので、今は、印刷するだけになっている。

4.さいごに

こういったやり方の場合、デザインを自由に変更できると言うことがある。
私の場合、いまは、バージョン3だ。
受け取った角2封筒のデザインを参考に、作り込んでいる。
さすがに、プロだけあって、参考になる物が多い。
そのまま使っては、パクリになるので、一度自分の中に入れ込んで熟成させ、オリジナルデザインを作り出して欲しい。

シンプルな物、凝った物。
それぞれに味があるので、張り切って楽しい作業にして欲しいものだ。


角2封筒の印刷方法 その1

角2封筒とは、A4の書類が楽に入るサイズの封筒のことだ。
ややスリムになった角20と言う規格もあるらしいが、マイナーなので、割高らしい。
なので、ここでは、一般的な角2を扱う。

で、宛名印刷も、扱わない。
この封筒に宛名印刷を行いたいのは、おそらくビジネスシーンであろうからだ。
この場合は、タックシールを貼ればいい。
これは、受け取る側のコンセンサスを得ていると言っても良い。

ここで扱うのは、角2封筒に、ロゴや連絡先を入れたい場合の印刷だ。
同様に、かかる手間も、考慮しない。

というのは、手間が馬鹿にならない場合は、必要数が多い場合だろう。
この場合は、素直に印刷所に依頼すればいい。
計算してみたら、1ロット(問い合わせ先は、一箱分、つまり、500枚だった)当たりのコストは、市販の角2封筒(カラー、無地)よりも安かった。
仕上がりも、プロ故、レベルが違う。
加えて、まとまって発注すれば、単価は更に下がっていく。

なので、ここで扱うのは、個人、あるいは、零細業者が、チョコチョコっと印刷したい場合だ。

私の仕事の場合、確実にこの封筒が必要だが、見栄えの良い封筒は、あまりいらない。
ほとんどの場合は、郵送用だし、お客様宛ではない。
差出人は、ゴム印を押せば済む。

なので、この手の洒落たロゴ入り角2封筒の使用数は、年に数枚以下である。
よって、印刷所に1箱頼んでしまうと、使い切るのに100年かかることになる。
これから20年働くとして、使うのは、100枚。
残りの400枚は、廃棄処分か、いりもしないのに、郵送に使うことになるだろう。
これは、無駄である。
上の計算は、あくまでも、カラーの角2の単価であって、安価な茶封筒の単価ではないのだ。

で、手間はかかっても良いから、自分で印刷したいと言うことになる。

しかし、ここで問題が起きた。
じつは、以前から、角2には印刷していたのだ。
しかし、最近のプリンタは、サイズが小さくなっており、遊びが無くなってきている。
以前のA4用プリンタなら、角2の短辺を吸い込んでくれたのだが、いまは、そもそも差し込めない。
調べてみたら、A4用紙の短辺(210ミリ)よりも、8ミリ大きいだけだった。
これでは、到底、不可能である。
ちなみに、上記の角20ですら、入らない。

全ての試行錯誤は、ここから始まった。

ちなみに、「大きいプリンタに買い換える」と言う選択肢はない。
この手のプリンタは、とたんに、高額になるからだ。

まあ、こういうプリンタの場合、ビジネスで酷使されることが予想されるため、部品なども、それなりの物を使う。加えて、販売数も少ない。そのため、どうしても、割高になるのだ。
これは、適材適所であり、一概に、悪いことではない。

それに、こういうプリンタを置いているビジネスユーザーは、上記のように、印刷なんかしなくても、印刷済み封筒が、各サイズ揃っているはずなのだ。
揃っていないのなら、さっさと発注しましょう。
上記のように、意外にローコストだ。

と言うことで、前置きはこれくらいにして、私の試行錯誤の過程を書いていこう。

おっと、前置きが長くなりすぎたので、急遽、二部作に分けることにした。
乞うご期待。

« March 2007 | Main | May 2007 »