Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 小池防衛大臣誕生 | Main | お父さんは相手にしないの? »

July 12, 2007

参議院礼賛

さて、参議院選の公示日だ。
そこで、有権者の半数程度を占める、一番メジャーな考え方を、書いてみたい。

「私は、参議院並びに、議長を、心の底から信頼しています。
強行採決、牛歩戦術、ボイコットを含め、全て賛成です。
よって、議長に対し、白紙委任状を提出致します」

はぁ?と言う人が多いはずだ。
しかし、これを読んでいる人の約半数は、これに該当するのだ。
いや、そう言われても、仕方のない行動を取っている。

以前、革新系の支持者のおじいさんが言っていた。
「選挙に行きもしないで、文句を言うな。
行かなかった奴は、一切合切、文句を言う資格はない。
白紙投票だって、立派な意思表示だ。
しかし、行かなかった奴は、文句を言うな」

白紙投票については、若干、意見を異にするが、言いたかった事自体は、賛成だ。
私自身は、無党派なので、このおじいさんとは、考え方は違うが、この点に関しては、賛成せざるを得ない。

町内会に置いても、PTAでも、業界団体でも。
欠席者は、白紙委任と見なされる。
そのほとんどは、議長委任だろう。

なぜ、国会などの選挙だけ、例外と考えるのだろう。

「だって、誰がなってもいっしょじゃん」というのエセ文化人気取りのコメントは、現代に蔓延する最悪のディス・インフォメーションだ。
悪い言葉で言えば、洗脳と言うことだ。

だって、田中真紀子や小沢一郎が総理になっても、「同じ」ですか?
良くなるかどうかは別にして、絶対に、同じではない。

確かに、政治が変わらない最大の問題点は、官僚抜きにしては、メモさえ取れない、官僚主導の政治にある。
今回の選挙に置いても、例え、顔ぶれがガラッと変わったとしても、実際に、国政を支配している官僚の顔ぶれが変わらない以上、大きな変化は、望めないかも知れない。

しかし、それと、選挙に行かないことは、全くの別問題なのである。
うぜぇ、面倒、わっかんなーい、と言うアホは、この際捨て置いて、この文を理解出来た人だけは、投票に行って欲しい。

無党派層が、最大勢力となっている昨今、投票率が90%を超えたら、政治家も官僚も、ちょっとビビリまっせ。
面白そうじゃない?

« 小池防衛大臣誕生 | Main | お父さんは相手にしないの? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/15732692

Listed below are links to weblogs that reference 参議院礼賛:

« 小池防衛大臣誕生 | Main | お父さんは相手にしないの? »