Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« ニュースな日々 | Main | 自民党、参院選惨敗 »

July 27, 2007

関西のおばちゃんは、オレオレ詐欺泣かせ

関西では、オレオレ詐欺の被害が、極端に少ないらしい。
ざっと、当たってみた。

犯罪者サイドでも「大阪は商売(?)がやりにくい」と話しているとの噂
延々話させた挙げ句、「ほんなら本人と代わるわ」と言われたとか

関西を元気にする処方せん(8)

府警によると、電話をかけてきた犯人に「あんさんは、誰だんねん」「うちの息子は『オレオレ』いう名前とちゃいま(違います)」と、逆に質問攻めにして撃退したケースが多いという。

なぜ大阪で振り込め詐欺被害が少ないのか

値切るのが当たり前の関西で、引っかけて「銭」を振り込ませようなんて、はなから無理に決まっている。

ちなみに、値切るのは、関西の悪弊ではない。
単なる商習慣の違い。

元々は、関西のように、掛け値商売が、当たり前だった。
なので、買う方も、しっかり値切って、「適正価格」で買うわけだ。
つまり、言い値で買うのは、愚か者なのだ

古くは、関東もそうだった。
しかし、江戸時代に、画期的な売り方を始めた商人がいた。
現金正札商売を始めたのだ。
掛け値がないので、基本的に、値引きは無し。
よって、値切るという商習慣は無くなってしまった。

この商法は、大評判となり、その店は、江戸一番の大店になってしまった。
その店の名は、「越後屋」

誰でも知っている名前なので、時代劇などでも、しばしば使われる事になった。
「おぬしもワルよのぉ」
と言うあれである。

越後屋は、三越と名前を変え、今なお、現金正札商売を続けているそうだ。

« ニュースな日々 | Main | 自民党、参院選惨敗 »

ニュース」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/15917473

Listed below are links to weblogs that reference 関西のおばちゃんは、オレオレ詐欺泣かせ:

« ニュースな日々 | Main | 自民党、参院選惨敗 »