Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 閣僚の辞任が連発 | Main | コミック原作ドラマ花盛り »

October 03, 2007

沖縄戦の教科書検定問題

沖縄戦の集団自決に関し、軍の強要が合ったかどうかについて、教科書検定が、揺れている。
でも、自決があったかどうかと言う点に関しては、正直、あまり関心は高くない。

というのは、軍の強要が合ったかどうかなど、議論の必要もない事だと思っているからだ。
もちろん、「強要されて自決」と言うことだ。

強要がなかったなどと考えている人は、元軍人の関係者か、責任を取りたくない政府・官僚の一部だけなのではないだろうか。
ほとんどの日本人は、強要があったと考えているはず。

むしろ、最近になって、文科省が動き出したことが問題。
沖縄県民は、ずーと前から、この問題に関し、主張し続けてきた。
しかし、政府も、当時の文部省も、無視し続けてきた。

最近になって、突然、対応を始めたのは、参院選の惨敗故だろう。

沖縄県民の立場に立ってみると、今後、はたして、自民党支持に動くだろうか、と言う気がする。

選挙で惨敗し、自分たちの立場が危うくなると、慌てて対応を始めた。
つまり、所詮、「人気取り」に過ぎないのだ。

ならば、沖縄にとって、現在のねじれ国会こそが、一番望ましい環境となるはずだ。
与党安泰となれば、また、以前のような対応に戻るのは、火を見るより明らかであるからだ。

よって、次の衆院選も、沖縄では、与党惨敗と相成るはずだ。
沖縄に置いて、選挙戦を勝ち抜きたい与党の皆さん、「本気」程度の覚悟では、危ないですよ。
「死ぬ気」くらいに、心を入れ替えないと。

« 閣僚の辞任が連発 | Main | コミック原作ドラマ花盛り »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/16649829

Listed below are links to weblogs that reference 沖縄戦の教科書検定問題:

« 閣僚の辞任が連発 | Main | コミック原作ドラマ花盛り »