Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« WTI原油下降局面へ | Main | COP13が、難航 »

December 07, 2007

OPEC増産否決

OPECが、原油を増産しないことを決めた。
これを受けて、1バーレル当たり80ドル代半ばまで下がっていた原油の先物価格が、再び90ドル台まで、上昇している。

これは、以前の増産による大暴落ショックが、諸国に残っていることと、そもそも、サウジくらいしか、増産の余地が無いことによる。

ただ、これは、長い目で見ると、OPEC諸国の愚行だろう。

まず第一に、OPECが、原油価格をコントロールするという切り札を、自ら放棄したに等しい。
彼らが、最大の輸出元なのだから、本来は一番、発言力があるはずだ。
しかし、今回、OPECは、自らの利益を優先させ、国際市場の安定性という面に、目をつぶってしまった。
今後、彼らの主張は、あくまでも、OPECだけの利益を目的にした行動と見なされ、欧米諸国から、対等に扱って貰えなくなるだろう。

次に、日本の存在を忘れ去っている事だ。
店頭価格では、灯油が、18リットル当たり、1,800円を伺う勢いになっている。
これは、1リットル当たり100円であることを意味する。
タカトシでなくても、「ガソリンかよ!」と、突っ込みたくなるところだ。

以前の複数回あったオイルショック以降、日本の各企業は、石油依存体質を改め、依存率を下げるべく、努力してきた。
石油を燃料としてきた火力発電所は、天然ガスに切り替え、原子力を主力に据えた。
工場なども、エネルギーを他に求めた。

これは、せっぱ詰まった理由があったから実現できたことだ。
そして、その理由が、更に大きな切実さを伴って、再びやってきた。

この冬、多くの家庭が、馬鹿高い灯油ストーブをやめ、エアコンに切り替えることだろう。
そして、割安なオール電化に移行する家庭が増える。
新築する家では、現実的な選択肢として、太陽光発電を検討し始める。

以前は、元を取るのに、20年程度必要だったが、灯油がここまで高くなると、20年もかからなくなるからだ。

車もそう。
自家用車も、ますます、軽に移行し、移行できない人は、ハイブリッドを指向する。
そして、電気、水素などの非石油エネルギーによる自動車を待ち望む声が、加速する。

各自動車メーカーも、20年後辺りを目標にしていたこれら次世代車の投入を、前倒しにするはずだ。

たとえば、不祥事からようやく立ち直りつつある三菱自動車が、世界に先駆けて、プラグインハイブリッドを来年後半に売り出したらどうなるか。
おそらく、軽のスズキ、ハイブリッドのトヨタの牙城を脅かす存在になるはず。
二の手、三の手を次々と繰り出せる余力と開発力があれば、国内シェア2位獲得も、決して、夢物語ではない。
そして、他のメーカーも、じっとはしていない。

今回の原油高→ガソリン高は、各自動車メーカーの、次世代車への取り組みに火を付けてしまったはずだ。

かくして、世界有数の原油輸入国、日本の石油依存度は、ますます下がっていく。
政府辺りが、2020年を目処に、石油依存度30%を国家目標にして、尻を叩けば、更に拍車がかかる。

かくして、原油は、ますます売れなくなる。
石油輸入国は、米国、中国、インドが、世界の80%を占めると言う事態も、全く絵空事では無くなるだろう。

今回のOPECの決定がもたらす彼らの利益は、原油枯渇を先延ばしした、と言う一点に尽きる。
これだけが、今回、OPECが手にした果実だ。
しかし、これは、原油枯渇という悲劇が、人類の危機から、格下げになったと言うことを意味する。

石炭が主役の座を去り、いままた、石油が、その座を追われようとしている。
しかし、それは、自らが招いた事態なのだから、仕方がない。

ま、クリーンな乗用車が、200万円以下で入手でき、100円で30km程度走れる経済性があれば、私は、満足です。
とっとと、移行しゃちゃってください。

再来年辺り、車の買い換え時期なので、それまでに間に合わせてね。

« WTI原油下降局面へ | Main | COP13が、難航 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/17296562

Listed below are links to weblogs that reference OPEC増産否決:

« WTI原油下降局面へ | Main | COP13が、難航 »