Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« December 2007 | Main | February 2008 »

January 25, 2008

道路特定財源でバット購入

道路建設のために、通常の倍の税額を徴収している道路特定財源で、野球のバットまで購入していたことが明らかになったが、政府与党は、「法律違反ではない」と強弁し、問題になっている。

これ、法律違反であるかどうかなど、どうでも良いと思う。
法律違反なら、「論外」なだけだ。

そもそも、普通の人は、道路建設そのものに使われていると思っている。
たとえば、道路工事のおじさん達の宿舎ならば、まだ良い。
これとても、本来は、請け負った会社が負担すべきものだろうが、まだ、納得できる。

国交省の通常の予算でやるのならまだしも、「道路建設を促進するため」と明言して、通常の倍も税金を取っておいて、職員のリクレーション用のバットやサッカーボールを購入するのは、いかがなものか。

まあ、「法律違反ではない」と明言する以上、そうなのだろう。

しかし、私からすると、そんなことはどうでも良い。
当たり前のこと」なのだ。

私としては、「納得して、今後も納税できるか?」が、問題だ。
そして、到底、納得できない。

今年の3月末で、暫定税率の期限が切れ、民主党の主張が通ると、2兆円もの穴が空くらしい。

今回は、10年延長しようとしていた。
合わせて25兆円くらいか。

これくらい、各種埋蔵金を掘り出せば、何とかなるはずだ。

まして、現在の「原油高+サブプライムショック」の緊急手当のためなら、長くても2年くらい、徴収を猶予すればいいはずだ。

年に、2兆5千億円としても、5兆円ほどだ。
こんなの、準備金を減らせば、すむ話だと思う。

ガソリンが安くなると、車に乗る人が増えるから、環境に悪い」と言っているアホがいる。
全く、言葉もない。

中流未満の家庭は、確かに、車での移動を減らそうとしている。
それは、不要な運転を減らすのではなく、必須であっても、燃料が買えないから、減らさざるを得ない状況だから、なのだ。

確かに、ガソリンが安くなれば、運転する機会は増えるだろう。
しかし、それは、贅肉を落としただけでは足りず、生身を削って減らしていたのを、普通に戻しただけのことなのだ。

ま、何十億もの資産を持っている政治家や、年収ん千万円の高級官僚には、到底理解できる話ではないか。

January 18, 2008

HtmlHelpを、Escキーで終了させる

Windowsのソフトには、たいてい、ヘルプがついている。
ほとんどは、F1キーを押すと起動するし、しない場合でも、ヘルプボタンなどがあるはずだ。
そのヘルプのデザインが変わっていることにお気づきだろうか?

新しいデザインのヘルプを、HtmlHelpという。
これに対し、従来からのタイプのヘルプを、………これは、単にHelpか。

HtmlHelpは、簡単に言えば、Windows98以降、IEで言えば、4以降に入っている仕組みを使う。

で、問題なのは、Vistaだ。
これには、従来のHelpシステムは、含まれない。
HtmlHelpオンリーになった。

後からユーザーがインストールする方法もあるようだが、初心者には無理なので、書かない。

今後、Helpから、HtmlHelpへと、移行が進むだろうが、それに伴って、不満も出てくる。
それは、HtmlHelpが、Escキーで終了しないことだ。

VistaからPCを使い始めた人、あるいは、HtmlHelpしか見たこと無い人は良い。
そもそも、知らないのだから、不満はないだろう。

しかし、従来のHelpを使い込んだ人たちは、Escキーを押すたびに、わめき声を上げていることだろう。

これについては、対応手段は無いとされてきた。
実際、対応したツールも無いし、ヘルプ自体に、カスタマイズする方法も提供されていない。

で、今回、私のソフトで可能になったので、書くことにした。

ただ、Delphi限定である。
VC、VBなどでも、同様に可能だと思うので、同じ手が使えるはずだ。

必要なunitは、下記の二つ。

HTML ヘルプを呼び出すには?
290_HookGetMessage

まず、HtmlHelpを使えるようにする。
前者の方法だと、起動させたHtmlHelpのウィンドウハンドルが取得できるので、それを保存しておく。

で、その上で、グローバルフックを設定して、WM_KEYDOWNを調べる。
それが、VK_ESCAPEだった場合で、HtmlHelpのクラス名を持っていたら、
SendMessageを、最初に保存しておいたウィンドウハンドル宛に、SendMessageを送りつければいい。

Msg := PMsg(LParam);
case Msg^.message of
WM_KEYDOWN:
begin
 if Msg^.wParam = VK_ESCAPE then begin
  sClassName:=GetClassNameStr(Msg^.hwnd);
  if (sClassName='SysTreeView32') or (sClassName='Internet Explorer_Server') then begin
   if whTagetWinHandle<>0 then
    SendMessage(whTagetWinHandle,WM_SYSCOMMAND,SC_ClOSE,0);
  end;
 end;
end;

当然、各種、エラーチェックは必須だが、だいたいは、上記の通りだ。

後は、通常のウィンドウハンドルや、dll関数のインポートなので、省略。
そうそう、グローバルフックの方は、DLL化が必須なので、よろしく。

思ったより簡単なので、ソフト作者の皆さん、どんどん、Escキーで終了できるようにしてください。

« December 2007 | Main | February 2008 »