Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« April 2008 | Main | June 2008 »

May 26, 2008

民主党が後期高齢者医療廃止法案

民主党などの野党が、参院に提出したらしい。
でも、これ、人気取り以外の何者でもないと思う。
本気で、「廃止すべき」と、考えてますか?
自民党がこれに乗って、廃止になったとしたら、それでいいの?

確かに、後期高齢者制度には、不備な点が、いっぱいある。
その最大のものは、障害者に対する負担増だろう。
これは、早急に、つまり、1ヶ月以内に、対策を取らねばならない。

…あとは、あったっけ?

たとえば、90日で治療が打ち切られる件が騒がれている。
老人達に聞きたい。
それ、マジで言ってますか?

記憶によれば、老人保健の頃も、3ヶ月程度で、病院を追い出されていた。
90日と言うことは、ほぼ3ヶ月でしょ?
これ、変わっていないでしょ?
たとえば、老人保健の頃と微妙な差があったとしたら、その点だけを、問題視すべき。
でも、報道は、そのことには、いっさい触れていない。

終末期の管理もそう。
これ、一概に悪いこと?

たとえば、無駄な治療をやめて欲しいと願っている老人がいる。
家族も、本人の意思を尊重し、無駄な延命治療を避けようと、医師に相談し、同意を得た。
しかし、30年ぶりに顔を見せたおじさんが病院にやってきて、
「治療しろ」
と言えば、医師は、治療を継続する。
訴えられるからだ。

しかし、厚労省の定めた方針に則り、正規の手続きを踏んだ承諾書があれば、こんな理不尽な事態も避けられるはず。
なので、この点も、良い点と悪い点を両方上げ、批判しなければいけない。

後期高齢者医療制度が、「正しい」とか、「すばらしい」などと言うつもりはない。
団塊の世代が、大量に老人世代になる事態を間近に控え、老人の医療費問題は、喫緊の課題だ。
この問題に対する対策の一つが、この制度だったはず。
この問題に対し、何の対策も公表しないで、廃止法案だけ提出するのは、人気取り以外の何者でもないと言っている。

たとえば、消費税増税法案とセットならば、まだ、理解できる。
まあ、そんな野党には、いっさいお引き取り願いたいと思うが、筋道は通っている。
でも、都合の悪いことは、何もコメントしていない。
これは、責任野党の姿勢ではない。

この制度は、いろいろな問題点も含んでいる。
それは、早急に是正すべきだ。
できれば、その修正は、緊急度に応じ、必要な速度で、修正して欲しい。
上記の障害者への負担増などは、次回の障害年金支給日までに、修正しなければいけない。
そして、前回の天引き分は、返還するのが望ましい。

しかし、この制度は、大枠では、「やむを得ない」制度ではないのか?

老人達は、「早く死ねっていうことか?」
と、怒っているが、ならば、何の策も講じないで、医療制度が破綻しても良いのか?
その辺を考えて、政府に反論して欲しい。

以前も書いたが、訳も分からず、やたらと抗議するだけでは、政府与党や官僚を、喜ばせるだけだ。
本当に、直して欲しいのなら、
「良いところは良い。しかし、ここが悪い」
と、言わないと、連中は、歯牙にも掛けませんよ。
「け!、この馬鹿どもが!」
と、馬鹿にするだけだ。

それでも良いの?

May 15, 2008

家庭用ビデオデッキ新時代へ

家庭用ビデオは、VHS、βなどのビデオテープ時代が長かったが、いま、家電店の店頭には、テープ専用機は、ほとんど見あたらない。
あっても、韓国メーカーだけだったりする。
主流は、DVDレコーダーを経て、DVD+HDDレコーダーへと移り、今後は、ブルーレイ機へと移っていくのだろう。

この中で、中高年層が把握しておかないといけないのが、HDD搭載である。

HDDとは、ハード・ディスク・ドライブの略で、俗には、ハードディスクと呼ばれる。
この意味では、HDと略されることもある。

このHDDは、簡単に言えば、「とっても高性能で、とっても壊れやすい」という性質を持つ。
パソコンにも、当然のごとく搭載されているが、耐久性が無いので、バックアップを取り、故障に備えることは、常識になっている。

このHDは、中高年には、昔のアナログレコードプレーヤーを想像すれば、わかりやすい。
レコード針の付いたアームを、HDDではヘッドという。

レコードの場合は、針がレコード盤に接触するが、HDDの場合も、だいたいそんな感じだ。
違うのは、HDDのヘッドは、記録盤に接触せず、わずかに浮いている。
で、必要なときだけ、記録面に接触するのだ。

何の力で浮いているのか?といえば、実は、記録盤の回転によって生じる風で浮いている。
なので、ヘッドが浮いている最中に、衝撃が加われば、記録面に衝突し、その部分が壊れるし、突然、電源が切れれば、記録面にヘッドが落下し、これまた、記録面が壊れてしまう。

読み書きしない時は、待避所のようなスペースに、ヘッドを待避させたり、電源OFFを関知して、待避所へヘッドを持って行く機能を持つものもあるようだ。
しかし、根本的な解決には至っていない。

20MB程度から始まったHDDが、200GBオーバーとなっても、「とっても高性能で、とっても壊れやすい」という特質は、変わっていない。
その対策もまた、バックアップだけだ。

で、ビデオの話。
HDD+DVD付きのビデオデッキを使っている。
トップメーカーの一番売れているらしい機種の旧型だ。

購入後、1年を過ぎたら、起動しなくなった。
メーカー修理で、1万円と少し取られた。
それから1年して、再び、同様な症状になり、だましだまし使っている状態だ。

これは、「家電」としては、欠陥品といえる性能だ。
問題外である。

で、ネットを当たってみると、既に常識が変化している様だ。
この手のHDDビデオデッキの場合、頻繁に使えば、1~2年で故障するのが当たり前らしい。
で、有料メーカー修理が嫌なら、家電店が独自に行っている5年保証の類を付けるしか無いようだ。
しかし、それでも、修理に出している間の不便さは、解消できない。

今までのテープ式のは、5年は普通に使えた。
その感覚でいたら、もう、時代遅れの感覚らしい。
「ビデオデッキは家電」という感覚を持つ人が、絶滅する日は近い。

こんなことなら、普通のPCをビデオデッキ代わりに設定し、頻繁にバックアップした方が、安上がりなのではないだろうか?
HDDやDVDドライブが壊れれば、バルクを買ってきて、入れ替えるだけのことなのだ。
TVチューナーカードなどは、可動部分が無いので、滅多に壊れないだろう。

「パーツ交換可能なHDDデッキ」というコンセプトで、映像に詳しい人が、システムを組んで、仕様を公開してくれないかなぁ。

そうそう、最近、カーナビにもHDDが付いた。
これ、もっと危ないんじゃない?
HDDって、そんなに丈夫になったの?
これまた、時代遅れの感覚?

May 09, 2008

05月09日のココロ日記(BlogPet)

テキストファイルを持っていると、幸せになれるって本当ですか……?

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

May 01, 2008

05月01日のココロ日記(BlogPet)

さっき新鮮な話と財源を買ってきました。明日のお弁当はこれで決まりですね!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

« April 2008 | Main | June 2008 »