Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« May 2008 | Main | July 2008 »

June 28, 2008

夢は必ず叶う

以前も、同様のことを書いたが、再び、表題のような戯言が蔓延しだしたので、再び書くことにした。

「必ず夢は叶う」なんていう戯言を、公言する輩がいるから、夢が叶わない若者が自分を責めた末に、自暴自棄になって、とんでもないことをやらかすのだ。

もう一度言っておく。
夢なんて、絶対に叶わない。

ちなみに、アントニオ猪木の言葉を借りると、
「夢なんて、叶うわけがねぇ。叶ったんなら、それは、夢じゃねぇ」

絶対に勘違いしている人がいるから、説明もしておく。

オリンピックで金メダルを獲る。

これは、夢ではなく、目標である。

東大に合格する。

これも目標。

幸せな結婚をする。

これは、微妙だが、目標に含まれるだろう。

これを、ささやかな夢だとか、誤用するから、追いつめられる若者が出てくるのだ。

たとえば、

地上最強の男になる。

これは、夢かも知れない。
だって、様々な流派があり、様々な技がある。
その中には、殺人に特化した流派だってある。
それらも含めて、地上最強になるためには、それらの人々を殺しまくらねばならない。
それも、世界中一斉に。
こんなことは、不可能だし、やってはいけない。
なので、夢なのだ。

世界を平和にする。

これは、でっかく、そして、立派な夢である。
一人の力では、絶対に不可能だろうが、悪いことではない。

これは、明らかに、目標ではなく、夢である。

叶う叶わないにかかわらず、実現可能な範囲のことを目指すのは、目標だ。
到底不可能だが、考えただけで楽しくなったり、心が暖かくなってくるのが夢。

でっかい目標を立て、それをさらに、小さな目標に振り分け、最終的な目標まで達成し終えた者達は、いっぱいいる。
そんな人たちが言う。
「夢は、必ず叶う」と。

そんなとき、心の中で、ひっそりと言おう。

『目標』が達成できて、おめでとう、と。

June 27, 2008

平井理央の彼氏

今日のいいともを見ていて、川柳が浮かんだので、書いただけのことである。
オリラジの中田が、フジ・アナの平井理央の高校の同級生らしく、昔話をして、いじっていたのを見て、思いついた。
ただ、それだけである。

コーナー名の「イケメン」という内容ではないが、書いておく。

平井とか 麻央とか彼氏は テニス部長

…おそまつ。(^◇^;)

ま、実際に、「部長」だったかどうかは知らないが、彼氏がテニス部だったことは確か。
麻央に至っては、大学での彼氏も、テニス部だったようだ。

美女ねらいのお歴々には、やはり、テニスは、武器になる模様。
王子様でない方々も、テニスはいかが?

川柳ついでに、確か笑点だったと思うが、夫婦のネタを一つ。
誰の作だか覚えていないが、円楽師匠の司会の頃だ。
○○とかけて、…というネタだ。

夫婦げんかとかけて、
はずれた障子と解く

…そのココロは、…どちらもハメれば直るでしょう。

今なお、最高傑作だと思っている。
ちなみに、「座布団、全部もってけ!」だったはずだ。

川柳に話を戻せば、夫婦の川柳の秀作を一つ。
たしか、ビッグコミック・オリジナルの、川柳コーナー掲載だった。

夫婦では 嫌よ嫌よは 嫌のうち

お後がよろしいようで。

June 21, 2008

消費税増税路線

最近、消費税の増税の話が、あちこちで聞かれるようになってきた。
まあ、その火元は、全部、財務省だろう。
で、どうやら、10%と言うのが、既定路線らしい。

当然のように、国民や野党から、猛反発を食らっている。
ガソリン等の暫定税率を廃止して、その欠損分を穴埋めというのなら、まだ、理解する人もいるだろうが。

あれは国交省、消費税は財務省。
縦割りの世界なので、連携が全くとれていない。
その調整をはかる役目の政府は、官僚の操り人形+利権中毒患者なので、言うなりだ。

そして、国民は、猛反発をする。

実は、国民の多くは、消費税増税に、一定の理解を示していると思っている。
社会保障費などは、増加の一途をたどるのが、分かり切っているし、その財源は、消費税以外にないことも、重々承知している。

それを良いことに、財務省が、性懲りもなく、アドバルーンを上げるから、ややこしくなるのだ。

アドバルーンとは、フカシのことだ。
たとえば、財政諮問会議辺りが、将来の消費税は、10~20%必要、とか、とんでもない数字を上げる。
そして、政府が調整に乗り出し、その範囲内の最低の数字である、10%に押さえ込む。
そして、必死の調整の末であることをアピールし、国民の理解を得る。
こんな筋書きだ。

ちなみに、官僚の予定は、最初から10%。
これを認めさせるための、一連の猿芝居だ。

こんなことは、政治学者でなくても、先刻承知だ。
それ故、国民は、10%の数字にさえ、疑心暗鬼となる。

ここは一つ、腹を割って、本当の数字を出すべきだ。

たとえば、10年後辺りの財政収支予測を元にして、全ての税収を計算し、その不足分を消費税の増税分として、公表する。

仮に、それを反映した適正消費税が、8.9%とする。
きりの良い数字にはしない。

そこから、特定道路財源故の無駄遣いを減らし、官僚組織の親方日の丸体質を徹底的にそぎ落とし、徹底的に、リストラをはかる。

なお、この場合のリストラとは、本来の意味の再構築を意味する。

その結果、不足財源から割り出した消費税が、8.1%となったとする。

そこから先が、政治決断と、国民の信任だ。
少々不足だが、8%にするとか、将来を見越して、きりの良い10%にするとか。

国民は、官僚どもが思っているほど、無知でも愚かでもない。
テストだけに秀でた頭でっかちの考えることなんて、先刻承知なのだ。

官僚が腹を割らない限り、国民は、決して納得しないことだろう。

June 19, 2008

スクリーンセーバー

画面の焼き付き防止のために、設定時間が経過しても操作されないと、起動するプログラムのことだ。
デスクトップの何もないところを右クリックして、プロパティを表示させれば、その名の通りのタブが見つかる。
設定も、初心者でも分かるだろう。
間違えても、OSに対する問題も少ない。

最近は、いろいろなコンセプトのセーバーがあって、ベクター辺りを探せば、いくらでも見つけられる。
セーバーは、Windowsフォルダなどにインストールされていて、上記のタブの設定ボタンで、諸設定が可能だ。

…と、ここまでは、一般常識の範囲内だろう。
セーバーは、拡張子「SCR」のプログラムである。
マイコンピュータ等から、直接起動させれば、ちゃんと起動して動作する。
当然、マウスなり、キーボードなりを操作すれば、終了してくれる。

…と、ここまでは、中級レベルの知識。

ここから先は、上級ではなく、これらをふまえた、ちょっとしたアイデアの提示だ。

セーバーの中には、ユーザー自身の持つ画像ファイルを表示するものがあるのは、ご存じの方も多いと思う。
この前、いつくか試してみた。

インストーラが付いていて、Windows→System32フォルダなどに、インストールしてくれるものもあったが、速攻で却下した。
目的が違うのだ。

従来のiniファイルに保存する形式のセーバーを見つけ、それを入れた。
そしたら、音楽ファイルも指定できることが分かった。
つまり、フォルダを分ければ、一つのセーバーで、何種類ものセーバーを、自由に作り出せると言うことになる。

やったことは、下記の通り。

1.適当なフォルダを作り、セーバーのアーカイブを解凍
2.*.scrがセーバー本体なので、これを右クリックして、構成メニューで、設定。
3.*.scrのセーバー本体を右クリック→送る→デスクトップ(ショート...)で、ショートカット作成。
4.ショートカット名を、設定した画像・音楽に合わせて変更。
5.そのショートカットから起動する。

フォルダを分ければ、好きなだけ増やせる。
使ったセーバーは、音楽は、WAVと、MIDだけが選べるが、無理矢理mp3を指定したら、ちゃんと再生した。

こんなところだ。起動は、マウスで選択して、キーボードのEnterを押すのがお勧め。
マウスだけだと、ダブルクリックした際に、マウスを動かしてしまい、瞬時にセーバーが終了してしまうことがある。
ショートカットをシングルクリックで起動する設定になっている人は、各自やりやすい方法でどうぞ。

これに、綺麗な画像を設定し、クラッシック音楽を設定した。
そしたら、ちょっとした環境プログラムとなった。

たとえば、惑星や宇宙の画像に、モーツァルトのジュピターなんかどうだろうか。
自然の画像に、ベートーベンの田園とか。
好きなアーティスト画像+アルバム曲などでも良いかも知れない。

実は、この手のセーバーは、ムフフ画像を設定している人が多いのではないだろうか。
そして、セーバーが起動するたびに、慌てて周りを確認したりして。

でも、個人的には、お勧めできない。
この手の画像は、扇情的なものがおおく、環境プログラムにならない。
まあ、ハードロックを聴いていて、ベータ波が出る人もいるらしいので、個人差があるのだろうが。

お姉さんの画像ならば、着衣の有無にかかわらず、綺麗な画像を選ぶことをお勧めする。

ちなみに、使ったのは、PSaver version 2.4。
http://www.h4.dion.ne.jp/~fht/
に置いてある。

ネットを探せば、フリーのクラッシックmp3や、midもあるし、画像に至っては、いくらでも見つかる。

手持ちのデータを使うなり、フリー素材を探すなりして、自分なりの環境ソフトを作ってみてはいかが?

繰り返すが、過激なムフフ画像は、やめよう。
やっぱり、趣旨にあわない。

June 18, 2008

秋葉原の現状はどうか

例の事件ではなく、オタク文化真っ盛りの秋葉原の現状についてである。
私は、秋葉原には、一度も行ったことがない。
しかし、噂は、常々、耳にしていた。

私にとっての秋葉原は、ごちゃごちゃした店内に、いっぱいの部品が置いてあり、その道のプロの店員や、やたらと詳しいお客さんがたむろしている、近寄りがたい雰囲気の「聖地」だった。

それが、ゲームに占領され、アニメオタクが進出してきて、挙げ句の果ては、メイド喫茶だ。
かなり、苦々しく思っていたことは、確かだ。

そして、例の事件が起きた。
その際に、秋葉原の変遷を、TVで、やっていた。
それを見て、それなりに納得した次第だ。

まず、戦後の闇市から始まったらしい。
そして、ラジオの部品や真空管、ICなどを扱う、濃い文化が形成されていった。
そして、完成品が、普及するに従って、家電製品も、メイン商品となった。
しかし、郊外型の家電量販店が増えるに従って、秋葉原は、パソコン関連をメインに扱うようになり、コンピュータの秋葉原となった。
その後、パソコンが普及するに従って、ソフトに比重が移り、ゲーム機の進化に伴い、ゲームソフト、そして、アニメと、主力が移り変わった。
で、いま、メイド喫茶などのオタク文化が主流だ。

こうしてみてみると、秋葉原の変遷は、時代の移り変わりによって起きていることが分かる。
秋葉原の住人が、一定の意志を持って、変えてきたのではなく、その時その時で、必死で生き残りを模索し、自らを変えてきた結果のようだ。

その昔、自作のワンボードマイコンを、店に持ち込んだ若者がいた。
回路図通りに作ったのに、動かないからだ。
店員は、一別するや、そのマイコンを、テーブルに何度か叩きつけ、電源をつないだ。
何事もなく、起動したらしい。
バリが残っていて、動作しなかったと言うことだった。

ある若者は、パソコンのインターフェイスボードを自作し、やはり動作しないので、持ち込んだ。
で、店員は、一目見るなり、
「坊や、電源つなごうね」
と、諭した。

両方の若者は、その後、優れたコンピュータ技術者になったに違いない。

私は、いつまでも、こういう秋葉原であって欲しかったのだ。
でも、先の変遷を見て、仕方がないと思うようになった。

その時その時を必死で生き抜こうとしている秋葉原を、責める資格など、はなから持ち合わせていなかったのだ。

ただ、古き秋葉原も、路地裏で良いから、生き残っていって欲しいとは思っている。

コンピュータ?
なんか、同期も取らなくて良いし、電源も1種類で良いらしいよ。
なんだそりゃ?組むだけじゃん。んじゃ、やってみるか。

古き時代の一コマである。

June 09, 2008

派遣の縮小を

もしくは、派遣会社が、派遣社員達を正社員とし、世間一般の正社員並みの給料を払うようにすべきだ。
これは、昨今の若者による凶悪事件の頻発への対策である。

いまは、格差社会であるらしい。
一流大学を出て、一流企業に入らないと、一生日の目を見ないという。
また、低層階級の子供は、学習に費用を掛けられないので、やはり、低層に留まると言うことだ。

つまり、大学に入った時点で、人生の半分が決まり、就職した時点で、人生がほぼ決まってしまうと言うことになる。
要するに、18歳から25歳程度までで、全てが決まると言うことだ。

当然、その流れに乗れない子供も数多く発生する。
その低層へと流れ、よどんでいく流れから抜け出すのは、スポーツ、芸能などの特殊技能を持っている子供だけだろう。

これは、子供達に、大きなストレスを与えているはずだ。
そして、それが、最近の凶悪事件の遠因になっているように思う。

これを避けるためには、子供達が大人になり、中年になるまでの間に、いくつものチャンスを与えるべきだ。

その一つが、非正規雇用を減らし、正社員にすることだ。
正社員とするのは、別に、派遣先の会社でなくてもいい。

派遣社員は、規制緩和の流れの中で大量発生し、いまなお、増え続けている。
しかし、実態は、朝、ドヤ街に行って、日雇い労働者を募る親方と、何ら変わるところがない。
仕事の内容が、綺麗なオフィスであるだけの違いだ。
いや、違法とされている肉体労働への派遣も裏で行われているから、そのままか。

一度、低層派遣社員になってしまうと、食っていくのが精一杯で、二度と浮かび上がれないと聞く。
つまり、いわゆる、低層階級の労働者となっていく。

いま、派遣社員が大流行なのは、人件費の削減が可能だからだ。
派遣社員ならば、給与ではなく、経費であるので、削減要求が出しやすい。
しかも、首を切るのも、容易だ。

雇う会社にとって、便利なことこの上もない。

かくして、派遣社員達のうめき声から耳をそらし、会社の多くは、バブル崩壊から立ち直り、未曾有の利益を上げる会社も現れた。
そして、そのしわ寄せが、まず、青少年に表れているように思う。

会社が、今の目先の利益にだけとらわれていれば、いずれ、しっぺ返しを食う。

大もうけをしている会社の専務の息子が、「辻斬り」で、逮捕された。

こんなニュースを、重役室のテレビで見て、青ざめてからでは、手遅れなのだ。

June 07, 2008

WTIからIPPへ

WTI原油の価格が、高騰しており、その悪影響が、世界中に悪影響を与えている。
それを受け、IPPを提唱する。

IPPとは、International Petroleum Priceの略で、私の造語だ。
つまり、石油取引に置いて、実態から乖離してしまったWTIに代わり、国連の下部組織あたりが母体となり、国際的な価格決定の仕組みを作り、それを元に、取引を行うべきだ、と言う考えだ。

この前、福田首相が、似たようなことを言っていたが、あまり、相手にされていないようだ。
なので、非力ながら、私も、自分の考えを書いておく。

新しい原油価格決定の仕組みが必要なことは、ほとんど反対がないことだろう。
WTIが、代表的な指標になり得たのは、その透明性故らしい。
ならば、新しい指標も、同等以上の透明性を確保すればいい。

産出国と、輸入国では、当然、利害関係が一致するはずもなく、その中間に立つ、中立の機関が必要だ。
それは、現状では、国連しかあり得ないだろう。

国連の中立性については、いささか疑問もあるが、他に選択肢が無いのだから、仕方がない。

IPPの名前の由来は、単純だ。
OPECのPは、Petroleumで、石油という意味らしい。
どうも、OILは、違うようだ。

調べてみると、IPPは、Internet Printing Protocolの略になっていて、ネットワークの世界では、一定のコンセンサスを得ているようだ。
ただ、全く別のジャンルなので、良いと言うことにしよう。

指標となる原油価格は、3つあって、WTI、ドバイ、北海ブレントだそうだ。
で、日本は、ドバイが一番影響するらしい。
そこへ新しい国際指標を作成するとなれば、混乱はあるだろう。

しかし、ユーロみたいなものだと思っている。

実態から乖離してしまった原油価格を元に戻し、安定的に原油取引が出来るようにするためには、多少の混乱は、やむを得ない。
一時の混乱よりも、未来に向かっての安心感の方が、有用だと考える。

これは、産油国にも、好影響を与えるはずだ。
ここまで、原油価格が上昇してくると、クリーンエネルギーが、視野に入ってくるからだ。
ソーラー発電にしろ、水素自動車にしろ、いまいち普及しないのは、コスト面が大きいと考える。
効率が悪くても、安価ならば、大量に設置して、必要なだけのエネルギーを得ればいい。
しかし、それらは、例外なく高価だ。
そして、安価で、利用しやすい原油があるのに、それらのエネルギーを使って、赤字を抱える者は、いなかった。

しかし、原油価格の高騰で、両者の差が、縮まってきている。
温暖化対策の圧力もある。

この面で、日本が本気になってしまえば、脱石油社会を作り上げることも、不可能ではないはずだ。

そうなったときに、産油国は、かつての繁栄をしのぶだけの、「年金生活国家」と化すだろう。

産油国は、いずれそうなるとはいえ、IPPを設置して、価格を現実的なレベルに落とせば、そういう事態は、少し、先延ばしできる。

産油国、輸入国、両者にとって、好影響をもたらすはずだ。
どう?

« May 2008 | Main | July 2008 »