Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 派遣の縮小を | Main | スクリーンセーバー »

June 18, 2008

秋葉原の現状はどうか

例の事件ではなく、オタク文化真っ盛りの秋葉原の現状についてである。
私は、秋葉原には、一度も行ったことがない。
しかし、噂は、常々、耳にしていた。

私にとっての秋葉原は、ごちゃごちゃした店内に、いっぱいの部品が置いてあり、その道のプロの店員や、やたらと詳しいお客さんがたむろしている、近寄りがたい雰囲気の「聖地」だった。

それが、ゲームに占領され、アニメオタクが進出してきて、挙げ句の果ては、メイド喫茶だ。
かなり、苦々しく思っていたことは、確かだ。

そして、例の事件が起きた。
その際に、秋葉原の変遷を、TVで、やっていた。
それを見て、それなりに納得した次第だ。

まず、戦後の闇市から始まったらしい。
そして、ラジオの部品や真空管、ICなどを扱う、濃い文化が形成されていった。
そして、完成品が、普及するに従って、家電製品も、メイン商品となった。
しかし、郊外型の家電量販店が増えるに従って、秋葉原は、パソコン関連をメインに扱うようになり、コンピュータの秋葉原となった。
その後、パソコンが普及するに従って、ソフトに比重が移り、ゲーム機の進化に伴い、ゲームソフト、そして、アニメと、主力が移り変わった。
で、いま、メイド喫茶などのオタク文化が主流だ。

こうしてみてみると、秋葉原の変遷は、時代の移り変わりによって起きていることが分かる。
秋葉原の住人が、一定の意志を持って、変えてきたのではなく、その時その時で、必死で生き残りを模索し、自らを変えてきた結果のようだ。

その昔、自作のワンボードマイコンを、店に持ち込んだ若者がいた。
回路図通りに作ったのに、動かないからだ。
店員は、一別するや、そのマイコンを、テーブルに何度か叩きつけ、電源をつないだ。
何事もなく、起動したらしい。
バリが残っていて、動作しなかったと言うことだった。

ある若者は、パソコンのインターフェイスボードを自作し、やはり動作しないので、持ち込んだ。
で、店員は、一目見るなり、
「坊や、電源つなごうね」
と、諭した。

両方の若者は、その後、優れたコンピュータ技術者になったに違いない。

私は、いつまでも、こういう秋葉原であって欲しかったのだ。
でも、先の変遷を見て、仕方がないと思うようになった。

その時その時を必死で生き抜こうとしている秋葉原を、責める資格など、はなから持ち合わせていなかったのだ。

ただ、古き秋葉原も、路地裏で良いから、生き残っていって欲しいとは思っている。

コンピュータ?
なんか、同期も取らなくて良いし、電源も1種類で良いらしいよ。
なんだそりゃ?組むだけじゃん。んじゃ、やってみるか。

古き時代の一コマである。

« 派遣の縮小を | Main | スクリーンセーバー »

小説・エッセイ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/41568547

Listed below are links to weblogs that reference 秋葉原の現状はどうか:

« 派遣の縮小を | Main | スクリーンセーバー »