Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 新聞を読むおっさん | Main | 67億分の1? »

July 19, 2008

再び竹島問題

この件については、以前書いたので、参考にして欲しい。

竹島問題

重複をおそれず、要点を書いておこう。

韓国側の主張

・歴史的根拠1

英雄、安龍福が、竹島に乗り込み、日本勢を駆逐、日本本土に乗り込み、認めさせて凱旋帰国した。

→朝鮮王朝から幕府への正式の回答書
「漂風ノ愚民ニ至リテハ、......朝家ノ知ル所ニ非ズシテ」

・歴史的根拠2

→従来からの固有の領土。

鬱陵島(旧竹島)に関しては、朝鮮の領土。そして、幕府、政府共に異を唱えていない。現在の地理関係から、韓国固有の領土だろう。

独島(現竹島、旧松島)に関しては、朝鮮王朝が支配していたという歴史はないが、幕府、政府の支配下にあったという資料は、存在する。

第2次大戦後、返還交渉の折、独島(現竹島、旧松島)は、日本の領土であり、返還は認められないとして拒否したのは、アメリカ。

・実効支配

その後、アメリカの決定を不服として、兵力を持って進入し、占領した。
その実効支配は、継続中。

・韓国識者も同意見

→以前、ある韓国の大学教授が、各種歴史資料を検討の上、「日本の主張が正しい」とコメントした。
その結果、猛攻撃を食らったあげく、衆人環視の中、道路に土下座して謝罪させられた。
その後、日本擁護の意見は、絶滅した。

……で?

大統領へのパッシングが盛んな今、人気取りの猛抗議だというのは、ミエミエ。
国際社会から見て、理路整然とした、正当な抗議であると見る国は、皆無なのではないだろうか。

正当な抗議ならば、上記の問題点につき、理路整然とした反論をすべきだ。
しかし、伝わってくるのは、日本の国旗を燃やしたり、大使を帰国させたり、と言う、感情的な反応ばかり。

「今は、ちょっとまずいから、しばらくは、勘弁して」
と、大統領が言うのなら、大目に見ますけど、その後は、冷静に議論してね。

« 新聞を読むおっさん | Main | 67億分の1? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/41902253

Listed below are links to weblogs that reference 再び竹島問題:

« 新聞を読むおっさん | Main | 67億分の1? »