Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 麻生選管内閣発足 | Main | 麻生内閣48%支持 »

September 25, 2008

彼岸花

家の近くでは、彼岸花が盛りである。
曼珠沙華といもいう。

山口百恵の歌の中では、「マンジュシャカ」と歌っていて、違和感があったが、由来となっている梵語の発音は、こちらの方が近いらしい。(wiki)
日本で言うビタミンは、英語ではヴァイタミンと発音する様なものか。

土葬が盛んに行われた頃、墓地の周辺に植えられたことと、秋の彼岸の頃に咲くこと、そして、葉が無く、毒々しい色彩の花が咲くことなどから、不吉であるという印象が強い花である。

実際には、別な時期に、葉もでるらしい。
球根が出来るが、毒を持つため、モグラなどの被害を避ける用途で、田畑の畦などにも植えられているそうだ。

私が見かけるのは、この畑の畦道に植えられている方。
なので、個人的には、それほど、不吉であるという印象はない。

一説によると、昔、飢饉になると最後の食物として、この芋を食べたと言うことだ。
通常は、毒があるので食べないが、せっぱ詰まると食べたらしい。
なので、これを食べ尽くすと、本当の彼岸に行くしかないということで、彼岸花という説がある。

わたしが、地域の古老に聞いたのは、この説。
なんとも、もの悲しい由来である。

実際には、毒抜きの方法もあり、漢方薬にもなるそうだ。
「せっぱ詰まったら食べても良いけど、最後にしてね」
と言うのが、この花の気持ちかも知れない。

何はともあれ、秋本番である。

« 麻生選管内閣発足 | Main | 麻生内閣48%支持 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/42589454

Listed below are links to weblogs that reference 彼岸花:

« 麻生選管内閣発足 | Main | 麻生内閣48%支持 »