Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 大米帝国の落日 | Main | 専業米農家は大変 »

October 06, 2008

空自1佐の処分は妥当か

秘密を漏洩したために、空自1佐が懲戒免職になった。
マスコミは、報道規制につながるとして、一斉に猛抗議した。

この事件、それぞれに一理あると思っている。

私は、自衛隊員に知り合いはいないし、マスコミ関係でもない。
なので、こういった場所であることを利用して、個人的な立場から書いてみたい。

そもそも、今回の場合、マスコミ側からしか、攻撃は出来ない。
自衛隊の広報も、結局、マスコミを通さないと広められないから、マスコミによるフィルタリングは、いくらでも可能だからだ。

一般に言われているような公平さは、マスコミには存在しない。
あくまでも、社の運営に支障のない限り、の公平さでしかない。

なので、今回の場合、公平な報道と言うよりは、マスコミの行動を規制する流れへの反発であるという側面もある。

マスコミは、過去の事例に照らすと、処分が重すぎると言っているが、少し前になって、処分の基準が変更されたのだから、この指摘は、的はずれだ。

しかし、軍事機密を大量に抱え込む自衛隊が、何でもかんでも軍事機密を盾にとって、黙秘されてしまっては、広く知らしめるべき事柄も、秘密にされかねない。
つまり、歯止めがきかなくなるのだ。

要するに、今回に関しては、「懲戒免職に相当する罪だったのか?」が、分かれ目になるはず。
マスコミは、まず、そこを「公平に」報道して欲しい。

その上で、今後、国民の知る権利をないがしろにする様な動きがあれば、徹底的に糾弾すればいい。

ま、猛抗議と言うよりは、今後の取材活動への悪影響を避けるべく、釘を刺しておいた、と言う意味合いが強いのかも知れない。

« 大米帝国の落日 | Main | 専業米農家は大変 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/42702343

Listed below are links to weblogs that reference 空自1佐の処分は妥当か:

« 大米帝国の落日 | Main | 専業米農家は大変 »