Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 今日は、世界郵便デー | Main | G7閉幕 »

October 10, 2008

日本でもサブプライム倒産

大和生命が破産した。
典型的なサブプライム倒産のようだ。

この手のニュースを見ると、2001年12月に破綻したエンロンを、思い出す。
あの時も、エンロン神話を元にした金融商品が一斉に価値を失い、ショックが世界中を駆けめぐった。

いつになったら、この繰り返しから抜け出せるのか。

今、ニュースでは、実体経済などという専門用語が飛び交っている。
対義語は、資産経済らしい。
さっぱり分からない。

実体経済とは、お父さん達が額に汗をして働いたもの、あるいは、それに付随するサービス。

資産経済とは、金持ち連中が膨大な資産を運用して得たあぶく銭。

こんな理解をしている。
アメリカは、過去の経済危機を、あぶく銭稼ぎで回避してきたが、今回、それも限界に達した。
そして、まじめに働いているお父さん達の稼ぎまで、食いつぶそうとしている。

こんなところか?

株投資も、資産運用も、全く縁のない私からすると、いつまでこんな危なっかしい綱渡りを続けるのか?と言いたい。
大和生命にしても、ハイリターン運用が欠かせない経営体質だったので、今回のサブプライムショックをまともに受けてしまったようだ。

でも、もともとハイリスクなんだから、こんなことだって、想定内だったはず。
なのに、何故、大和生命と似たような状況で、世界中が混乱しているのか?

いったいいつになったら、ハイリスク経済から脱却できるのか?

あぶく銭と言う言葉を知っているか?
この言葉には、警句というニュアンスが含まれている。

「もったいない」が、世界語となっているようだが、この「あぶく銭」も、世界語にしてはどうか?

« 今日は、世界郵便デー | Main | G7閉幕 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/42744961

Listed below are links to weblogs that reference 日本でもサブプライム倒産:

« 今日は、世界郵便デー | Main | G7閉幕 »