Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« ソーラー発電量はドイツ | Main | ニュースがしんどい »

November 07, 2008

輸出がゼロになる日

【ケース1】
1ドル50円
欧米、中国、一斉に不景気で、輸出が全くない日が何日か続いたら?

【ケース2】
それに加え、輸入が止まったら?

両方とも、全くあり得ない仮定ではない。
ただ、ケース2は、地球規模の天変地異とか、世界大戦勃発などのケースだろうから、とりあえず、危機管理から除外しておく。

なので、ケース1を考える。
今の輸出企業は、1ドル100円前後を想定して活動している。
これが、一時的にしろ、80円になっただけで、大騒ぎになっている。
事実、トヨタですら、当初の3割程度の利益しか見込めないらしい。

これは、妥当な戦略だったのか?

ケース2はともかく、ケース1は、ある程度想定しておくべき状態ではないのか?

反対に、1ドル100円程度で、欧米への輸出が好調なときを、基本的な状態として取り組むことの方が、問題があるような気がする。

そうであるならば、何の問題もない訳で、どんどん売っていけばいい。
しかし、ケース1になったときに、速やかに、その対応状態に移行可能にしておくことは、非現実的なのだろうか?

自動車業界は、貿易摩擦もあって、現地生産に力を入れている。
しかし、今現在、あたふたしていることを考えると、対策が甘かったと言わざるを得ない。

経済がグローバル化している今、危機管理は、台風や地震、世界大戦などの事態だけでは足りないのだ。

そうなったときに、期間工を一斉に解雇して、急場をしのげばいいと考えているのなら、独りよがりで、甘すぎる。

最善の策が駄目なら、次善の策。
次善の策が駄目なら、三善の策を取るだけ。

これは、楠木正成の言葉らしい。(太平記だったか?)

これらの対策を、具体的なマニュアルにして、各部署に配備しておくことをお勧めする。

« ソーラー発電量はドイツ | Main | ニュースがしんどい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/43037066

Listed below are links to weblogs that reference 輸出がゼロになる日:

» トヨタが73%の大幅減益 トヨタショックとなるのか? [ハズレ社会人]
オツカレです。 現在の生温い経済対策では手遅れになるのでなかろうか。 [6日 日経]トヨタ、今期営業益74%減に下方修正 世界販売50万台引き下げ  トヨタ自動車は6日、2009年3月期の連結業績(米国会計基準)見通しを下方修正した。本業の稼ぎを示す営業利... [Read More]

« ソーラー発電量はドイツ | Main | ニュースがしんどい »