Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 「超」整理手帳 | Main | 派遣切りの次に来るもの »

December 29, 2008

2008年総括

やはり、一番記憶に残っているのは、サブプライム問題だろう。
前半の企業の好調さが、嘘のように消え去り、世界中が不景気一色に染まってしまった。

しかし、日本の社会の底辺を見てみると、さほど新しいことは、起きていないことが分かる。

今、大企業の派遣切りが大問題になっているが、もともと、ワーキング・プアと呼ばれる層が存在し、派遣の報酬の安さ故に、そこから抜け出せないで、もがき苦しんでいたのだ。

それが、さらに悪化したに過ぎない。

好景気にしろ、不景気にしろ、派遣で働く労働者のほとんどが悲惨な状況に置かれていることは変わりなく、もともと、不安定な状態だったのだ。

派遣は、人材派遣などと言われているが、その実、消耗品の納入に過ぎないことは分かり切っていたのに、好景気にだまされて、気が付かないでいた。
それが、この不景気で、一気に表面化したというのが、実態だろう。

もともと、派遣は、景気が悪くなれば、真っ先に切られることは、自明の理だったはずなのだ。

政治の世界では、良くも悪くも、小沢一郎次第だろう。
もはや、自民党に残された手段は、解散以外にはなく、その結果も、惨敗に終わることは、目に見えている。
主導権は、事実上、小沢一郎に移っているのだ。
今後の日本をどうするかは、この男の手腕にかかっているだろう。

海外に目を向けると、アメリカは、やはり、良くも悪くも、オバマ次第といえる。
日本軽視、国内重視、と、既定路線を走るのか、国際協調を進めるのか、あるいは、従来の日本を一の子分にしたブッシュ路線を走るのか。
日本も、諸外国も、彼を止める手段を持たない以上、オバマのやることを見守る以外にない。

イスラム圏とキリスト圏の争いは、激化の一途をたどることは、間違いない。
宗教に基づいた争い故に、妥協することは出来ないからだ。
本来、兄弟のような宗教なのに、近親憎悪なのか、すさまじいばかりの争いようだ。
これは、収まりがつかないはずだ。

環境問題は、CO2の削減が盛んになるだろうが、環境悪化は止まらないだろう。
今から100年間、石油関連エネルギーをいっさい使わない、くらいに徹底すれば、効果はあるだろうが、現状では、悪化の速度をゆるめる位の効果しか見込めないはずだ。

まさしく、世界は、袋小路に追い込まれつつあると言える。

来年は、「救いをどこに求めるのか?」が問われる一年になるだろう。

« 「超」整理手帳 | Main | 派遣切りの次に来るもの »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/43566715

Listed below are links to weblogs that reference 2008年総括:

« 「超」整理手帳 | Main | 派遣切りの次に来るもの »