Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 大量解雇3~自己防衛~ | Main | みその作り方 »

December 18, 2008

大量解雇4~消耗品~

最後に、消耗品、つまり、派遣社員のことを書いておかないといけない。
これは、まさしく、悲惨の一語に尽きる。

まず、そもそも、生活が成り立たない。
月に、手取り20万円を超える人は、少数なのではないだろうか。
そして、おそらくは、ほぼ毎日働いても、手取り30万円にはならないはずだ。

派遣を使うと言うことは、各種経費がかからないと言うことでもある。
正社員の場合、社会保険の会社負担分や失業保険の掛け金などがあり、会社負担となる。
しかし、派遣ならば、これらがいっさいかからないので、事務経費は考えないとしても、出費を同じとしたら、派遣に対しては、正社員よりも多い報酬を支払えるはずだ。
その余剰分を、派遣元の会社が、各種経費分として差し引き、結局、正社員と同じ手取りを受け取る。

これだとしても、手間がかからないし、気軽に首を切れるという利点が残る。
なので、派遣は、正社員よりも報酬が多くても、成り立ちうるのだ。

しかし、実態は、その正反対だ。
正社員でない利点は、存分に享受しながら、支払う報酬は、徹底的に押さえ込んでいる。
派遣元会社も、買い手市場を良いことに、安い報酬でこき使っている。

これがSF小説だとしたら、まさに、革命前夜の描写だ。

正月を前に、失業者が溢れ、街に犯罪が横行する。
一種の地獄絵図が、日本のあちこちに起こりつつある。

この境遇にある人たちのとりうる手段は、それほど多く残されていない。
ホームレスになるか、国の支援を待つか、のたれ死にするか、だ。
そして、そのどれもが、避けて通りたいことだろう。

「たとえ派遣だとしても、仕事があるだけ、今よりもマシだった」
と言うのが、彼らの偽らざる実感なのだろう。

この世で、彼らを救えるのは、国だけなのだが、それが一番頼りないのだから、救いようがない。
国の救済が、来年の夏頃あったとしても、彼らの多くは、すでに、何らかの結論が出ていることだろう。
彼らが欲しているのは、今日の昼飯と、今晩寝るところであり、間違っても、派遣労働の是正ではないし、低利の貸付金でもないのだ。

それらは、国としては、必要な是正策なのかも知れないが、彼らには、関係のないことだ。
明日には効果が出る緊急策を、今日の午前中に打ち出して、午後から実施して貰いたい。

« 大量解雇3~自己防衛~ | Main | みその作り方 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/43456036

Listed below are links to weblogs that reference 大量解雇4~消耗品~:

« 大量解雇3~自己防衛~ | Main | みその作り方 »