Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« うっかりばあちゃん | Main | ブログ-フィルタ論 »

December 15, 2008

夢は叶う

今年は、北京オリンピックがあった。
そこで、メダリスト達や、有名選手達は、異口同音にこう言う。
「夢は諦めなければ、必ず叶う」、と。

ここでは、何度も同じ主旨のことを書いた。
これは、達成した者の自己賛美の戯言である。

本来は、「夢」ではなく、「目標」なのだが、ややこしくなるので、「夢」のままにしておく。

これらの戯言を言う者達は、一様に、目標を達成した者達だ。
そして、自らの努力を称えるかのように、こう言い放つ。

そして、どんな人でも、努力すれば叶うかのように、後に続く者達に、こういってエールを送る。

言いたいことは分かる。
彼らだって、自信たっぷりだった訳ではなく、努力を怠った訳でも無い。
それどころか、人並み外れた努力をして、勝ち取った栄冠なのだろう。

しかし、あえて言う。
それは、戯言である、と。

どんな人でも、人並み外れた努力をすれば、一定のレベルにはなれる。
しかし、世界のトップを伺う様になるには、それだけでは駄目なのだ。

努力すれば必ず叶うのならば、国内の予選すら通過できなかった選手達は、一様に、努力不足だったのか?
彼らの考えが甘かったのか?

一度、箸にも棒にもかからずに敗れ去った者達の意見を聞いてみたい。

私はこう考える。
「人並み外れた素質を持ち、それを、人並み外れた努力によって磨き上げられた者だけが、栄冠を勝ち得、夢を叶えられる」、と。

人は、誰でも、無限の可能性を持つそうだ。
それは、そうだろう。
しかし、0.00001%の可能性を、「有望」と、表現できるのか?

人は、誰でも無限の可能性を持つが、現実的に達成しうる分野は、数少ない。
参加選手が同じような努力をして、試合に臨めば、素質の差が、勝敗を分ける。
これは、悲しいが、事実だ。

ただ、肝心なのは、自分に素質があるか無いかは、あらかじめ知ることは出来ないと言うことだ。
イチローを遙かに上回る素質を持ちながら、それを開花させることなく、歳を重ねてしまったのかも知れない。

努力を続けることは、すばらしいことだ。
その後、輝かしい結果が訪れなかったとしても、だ。

少なくとも、年老いてから、青春の思い出として、常に、酒の友となってくれる。
殺伐とした人生の中で、常に、輝かしく若々しい記憶となって、残り続けてくれる。

正しくは、

「世界のトップクラスになれるかどうかは、持って生まれた素質次第だ。
しかし、努力しなければ、そもそも始まらない。
素質があると信じて、歩き続けるしかない。
もし、駄目だと分かったら、さっさと別の道を歩けばいい。
とことんまで努力した結果ならば、悔いは残らないのだから」

、だと思う。

若者達に言いたい。
「あなたには、無限の可能性なんて無い。しかし、努力もしないで、自分の限界や適性を決めつけてしまうことはやめなさい」、と。

何もせずに中年になってしまったおっさんからのエールである。

« うっかりばあちゃん | Main | ブログ-フィルタ論 »

スポーツ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/43426329

Listed below are links to weblogs that reference 夢は叶う:

« うっかりばあちゃん | Main | ブログ-フィルタ論 »