Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 定額給付金いらない | Main | クライスラーへの15億ドル融資は、高いか安いか »

January 17, 2009

1ドル=100円?

庶民による、いわば、「感覚レート」である。
つまり、日本で100円で買えるものが、アメリカでは、1ドルで買える、と言う意味になる。

この話を聞いたのは、1980年代である。
アメリカ在住の日本人のエッセイに書かれていた。
当時のレートは、1ドル=220~240円。
プラザ合意の前である。

PCで言うと、8ビットの頃。まだ、マイコンと言う言葉が生きていた時代だ。

それから、20年以上経ったが、未だに、この換算を使っている。
昨日、1ドル=88円を突破したらしいが、私のレートは、常に不変だ。

たとえば、1兆ドルとあったら、100兆円と思えばいいので、換算も楽だ。
2桁増やしたり、減らしたりすればいい。
為替レートに影響されないので、お手軽だ。

この分野で有名なのが、ビッグマック指数だろう。
最近では、iPod指数と言うものもあるようだ。nanoの価格を比べるらしい。

これらの指数を見てみると、おおむね80~120円くらいの換算値になる。
平均すると、ズバリ、100円だ。

まあ、牽強付会と言われるのも嫌なので、正確に書くと、
「正しくないかも知れないが、日常会話程度ならば、誤差の範囲内」
となる。

ちなみに、実際の買い物で言うと、アメリカにも1ドルショップとか、99セントショップがあるらしい。
日本で言うと、100円ショップになる。
日米共に、一般のショップの製品とは異なり、廉価版が並んでいることも、全く同じ。

かくして、当分の間、100円という感覚レートを使い続けることが出来ると言うことが分かった。
株も、為替取引もしていないし、海外旅行もしないので、これで充分だ。

最後に、蛇足だが、円・ドルレートの実態は、「1セント=1円」だと思っている。
1セントでも、1円でも、実際の買い物現場では、何も買えないと言う点で、全く一致している。
感覚的には、納得しうる話だ。
日本では、そのまま百円と表記するが、アメリカは、そこで単位を変え、ドルと表記する、となる。
これから言うと、今、1ドル=88円だから、ドルよりも円の方が高いと言うことになる。

尚、この記事は、次回の記事の注釈でもある。
本編に書き添えると、冗長になるので、注釈の方を先に書いたものである。

« 定額給付金いらない | Main | クライスラーへの15億ドル融資は、高いか安いか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/43765908

Listed below are links to weblogs that reference 1ドル=100円?:

» 急げ!Windows 7 プロダクトキーの発行無制限に! [Microsoft Windows 7]
プロダクトキーの発行制限が、1月24日まで期間限定で取り除かれる。クラック方法の紹介・実証動画があるらしいとの情報が。 [Read More]

» 【ipod nano】についてブログの検索結果をまとめると… [最新キーワードチェック!]
ipod nano についてブログの検索結果をまとめると… [Read More]

« 定額給付金いらない | Main | クライスラーへの15億ドル融資は、高いか安いか »