Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 2008年総括 | Main | イスラエル、ガザ侵攻 »

January 05, 2009

派遣切りの次に来るもの

それは、正社員の首切りだ。
今まで、それをしなかったのは、ただ単に、世間体が悪いからに過ぎない。

今回に限らず、企業のほとんどは、社員達を、人材とは認めていない。
10人首を切っても、また、10人雇えば、それでチャラという感覚だ。

しかし、その採用者達は、新卒にしろ、中途にしろ、首を切った人たちとイコールにはならない。
新規採用者も何年か経てば、一人前になるだろうが、首を切った人たちが培っていた企業風土は、元には戻らない。

森林を伐採して、新たに植林しても、もとの森林には戻らないのと、どこか似ている。

マイナス10プラス10で、プラスαがあるのは、その時の企業体質が好ましくない場合に限られることだろう。
しかし、それとても、配置転換や再教育などで、同じプラスαが得られるかも知れない。

既に始まっていると思うが、正社員に対しては、かつてのリストラの嵐の時のように、陰湿ないじめが多発することだろう。
ことあるごとに退職を迫り、退職しない社員を、露骨にいじめる。
そうして、「希望退職」に追い込むのだ。

こうした環境では、正社員達は、後ろ向きになる。
冒険をせず、無難に過ごそうとする。
経費節約、コストカット面では、ある程度の効果があるかも知れないが、画期的な新製品・新企画などは、到底、生まれそうもない。

今一番必要なのは、こうした企業再生への一致団結した力なのに、皆が首をすくめ、嵐の過ぎ去るのを待つしかない状態では、何も生まれないことだろう。

リストラの嵐が過ぎ去り、景気が上向いて、企業の収益が改善されたのは、中国・アメリカなどの特需によるところが大きい。
けっして、日本版リストラによって、企業が再生した訳ではないのだ。

「社長にとって、会社は子供のようなもの」
「従業員ン万人の生活を背負っている」
などという経営者は、絶滅したに違いない。

今の経営者の念頭にあるのは、決算後の経常だけなのか?

« 2008年総括 | Main | イスラエル、ガザ侵攻 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/43647414

Listed below are links to weblogs that reference 派遣切りの次に来るもの:

« 2008年総括 | Main | イスラエル、ガザ侵攻 »