Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 事務次官等会議の公開を | Main | 小沢代表秘書逮捕~パンドラの箱の中身は~ »

February 28, 2009

衆院解散は秋に

任期満了で、総選挙をして欲しいと言うことだ。
その理由は、下記の通り。

・大差なし
・議論の結果の選別
・安定

こんなところだ。
一つ一つ見ていく。

・大差なし

慌てて解散したところで、今のメンツなら、大差ない。
小沢氏が総理になっても、どうせ、体調不良とかで、1年程度しか、在籍しないだろう。
そうなった際には、民主党の他のメンバーも、大差ない。

喫緊の課題である経済対策なども、大差ない。
どうせ、官僚がやっているのだから、自分たちは関係ないことなので、急ぎはしないからだ。
放っておいても、いずれ、アメリカが回復するだろうから、それに伴って、日本も回復するはずなのだ。
日本の回復は、この時期になるはずだ。

国際的にも問題ない。
日本という国は、リーダー不在の合議制官僚国家であることなどは、欧米の主な国々は、既に、知り抜いている。
故に、内閣支持率が、危機的状況にあるにもかかわらず、何の苦言も障害も起きないのだ。

障害が起きるとしたら、北朝鮮のような情報欠如国が、過剰反応するだけだろう。

故に、急いでものんびりしていても、官僚のやることは普遍だから、影響なし。
ゆっくりすればいい。

公明党が7月の都知事選挙に専念したいとかほざいているが、特定の政党のお家の事情など、一顧だにする必要なし。

・議論の結果の選別

秋までの間に、自民と民主の間で、日本の将来像について、徹底的に議論をして欲しい。
経済対策などは、しっかりと財源も示し、お互いに、たたき合えばいい。
国民は、その結果をしっかりと見て、日本の将来を託すべき政党を決めて欲しい。

東京や大阪、そして、少し違うが宮崎を見れば分かる。
ここの知事達が、「正しいことをやっているか?」は、さておき、トップが指導力を発揮すれば、職員を押さえて、変革をしうることが見て取れるはずだ。

お互いに四つに組んで、正々堂々、議論を繰り返すべきだ。
国民も、それをしっかりと見て、しっかりと判断を下さないといけない。

今のままでは、自民も民主も、日本の将来を託せないのだから。

・安定

欧米の主要国と比べて、決定的に違うのは、リーダーの在任期間だ。
中には、専制君主に近い、暴君もいるようだが、欧米主要国にはいない。
日本だけが、コロコロと変わり、留まるところを知らない。
これではいけない。
少なくとも、4年は、どっしりと据わっていて欲しい。

また、それが可能なリーダーを、我々は選ばないといけないのだ。

マスコミに踊らされて、自民党を一方的に攻撃し、政権交代を招いてはいけない。
民主を選ぶのならば、しっかりと連中の主張を聞き、納得してからにして欲しいのだ。

我々もまた、成熟しないといけない時期にさしかかっていることを、知らねばいけない。

« 事務次官等会議の公開を | Main | 小沢代表秘書逮捕~パンドラの箱の中身は~ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/44200851

Listed below are links to weblogs that reference 衆院解散は秋に:

« 事務次官等会議の公開を | Main | 小沢代表秘書逮捕~パンドラの箱の中身は~ »