Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 古いソフトの使い方 | Main | 郵政民営化見直し論議 »

February 10, 2009

日本は、景気が悪い?

もちろん悪い。
大企業の見通しも、軒並み赤字で、青息吐息と言った有様だ。
しかし、日本中、全てが、そうなのだろうか?

日本の個人資産は、1400兆円と言われている。
このほとんどが、60歳以上の層が占めている。
60~70歳の平均資産額(資産-負債)は、平均2000万円だそうだ。

その内訳を見てみると、株式・債券などは、2割もない。
ほとんどが、貯金、年金、保険である。

つまり、今回の景気の影響を受けているのは、日本の資産の2割だけなのだ。
残りの8割は、ローリスク・ローリターンな安定資産だ。

URL


世界的な景気悪化のあおりを受けて、輸出型企業は、軒並み大赤字のようだ。
自動車産業などは、裾野が広く、その悪影響が及ぶ範囲も大きい。
企業城下町などは、税収の危機に陥っている。

それでもなお、あえて言う。
日本人は、使うお金が無くなってしまったのか?
安定資産が、1100兆円もあるのに、だ。

まあ、その理由は、何となく想像がつく。
じいちゃん、ばあちゃんが、大金を使い倒している様子なんて、想像がつかない、ということだ。

ただ、じいちゃん、ばあちゃんの資産のほとんどは、悪いことして得たあぶく銭などではなく、汗水垂らして、しかも、やりくりのあげくに残した老後の蓄えなので、むしり取る訳にもいかないだろう。

ところで、その資産は、ほとんどが、金融機関に預けられているはず。
しかも、ほぼ100%塩漬け預金だから、運用し放題だろう。

つまり、金融機関は、ん百兆円の預金を、運用し放題のはずだ。
高齢者の預金先は、郵貯が多いとしても、全部ではないはず。

ということは、結局、金融機関の運用の失敗が、真因か?

なんか、「風が吹けば桶屋が儲かる」に似た展開になったが、まあ、ここは一つ、ここらを結論としておこう。
少なくとも、露骨な貸し渋りをしている連中だから、濡れ衣だとしても、何の痛痒も感じないし。

« 古いソフトの使い方 | Main | 郵政民営化見直し論議 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/44018769

Listed below are links to weblogs that reference 日本は、景気が悪い?:

« 古いソフトの使い方 | Main | 郵政民営化見直し論議 »