Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 衆院解散は秋に | Main | 國破れて官在り »

March 05, 2009

小沢代表秘書逮捕~パンドラの箱の中身は~

まあ、与党も、検察に一杯食わされたんだろう。

直接の狙いは、間近に迫った総選挙に向けた、民主党への裏攻撃のつもりだったはず。
最近は、国策調査ばかりやっていた地検特捜部だから、官邸筋は、思うように操れる手持ちの駒、位の認識で、民主代表に手を出させたんだろう。

しかし、連中を操っていたのは、その裏だったようだ。

少し前に、総務相をそそのかして、郵政民営化の逆回しを画策していた連中が、今度は、民主党にも手を伸ばしてきたと言うことなのだろう。

与党の思惑と異なり、連中の真の狙いは、全ての改革の抹殺、と思える。

今回の逮捕劇は、極めて脆弱な根拠によるものだ。
おそらく、秘書の行動は、すれすれにせよ、合法の範囲内だったはず。

逮捕の根拠は、やりとりの前後における心の持ちようという。

つまり、禁止されている、企業から政治家本人への迂回献金であり、それを承知していた上での違法なやりとりと断定し、逮捕に踏み切ったものらしい。

これは、極めて危うい根拠だ。

金の流れは、すれすれながら合法。
違法なのは、それをあらかじめ承知していたか?に絞られる。

こんな根拠で、立件しうるのか?

これが有罪になるとしたら、有りとあらゆるすれすれの行為を、有罪に出来ることになってしまう。
今回の件は、検察の横暴であろう。

最初は、高笑いをしていた自民党議員だったが、その波紋が、自分たちにも直接及ぶと知り、震え上がっているようだ。

事ここに至って初めて、検察というか、官僚の意図に気がついたようだ。

そう、連中は、自分たちの不可侵であるべき王国に手を出し始めた低学歴のバカ共の粛正を始めたのだ。

これに立ち向かえるのは、国民の代表である国会議員しかいない。
はたして、その中の誰が立ち上がるのか?

…いると良いのだが。

すでに、パンドラの箱は、開けられてしまった。

伝説によれば、その箱から、有りとあらゆる悪が飛び出してきて、世界中に広まってしまった。
そして、最後に、希望という名の小さな光が残っていた。
そう記されている。

今回の箱に残っているものは、何なのか。
興味が持たれる。

« 衆院解散は秋に | Main | 國破れて官在り »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/44249798

Listed below are links to weblogs that reference 小沢代表秘書逮捕~パンドラの箱の中身は~:

« 衆院解散は秋に | Main | 國破れて官在り »