Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 民主党の正念場 | Main | 国連のボランティア団体化 »

March 28, 2009

アジア動乱

アジア各地で、動乱が続いている。
ことによると、動乱のない国の方が、少ないのかも知れない。

一口にアジアと言っても、様々な定義があるようだ。
面倒なので、ユーラシア大陸のうち、ヨーロッパ・ロシアを除いた全部、と、ざっくり定義する。

その動乱の原因は、様々だが、やはり、ざっくりいけば、いくつかの類型に押し込める。
宗教対立、部族対立、貧困、それ故の教育レベルの低さ、などであろう。
そして、根底には、欧米諸国の蔑視があるように思える。

欧米諸国の本音からすると、アジア諸国のうち、全く蔑視していない国は、存在しないのではないか、と考えている。
日本とても、例外ではない。
まあ、一番、蔑視の度合いが低いであろう事は、容易に想像がつくと思うが、欧米人と全く同等に扱われていると思っている脳天気な人も少ないことだろう。
おそらく、日本は、アジア諸国の中で、「別格」として扱われているだけのことだ。

アジア動乱を何とかしようとすれば、まず、この点から、変えていかないといけない。

そもそも、イスラム教徒キリスト教を、同列に扱っているのだろうか?
欧米イコールキリスト教徒ではないだろうが、かなりの割合を占めるはずだ。
そして、その信仰対象の同一性から、イスラム教は、兄弟宗教といえる。
にもかかわらず、イスラム教徒への差別意識は、根強いものがあるようだ。

自分たちの宗教を、バカにされ、弾圧され、劣等民族扱いされて、それでもなお、仲良くしようとするお人好し民族は、日本人位のものだ。

まあ、日本人は、外柔内剛という特質を備えているので、心の底まで、欧米に染まりきらないため、その無類のお人好しさ加減にもかかわらず、なんとか、独自性を保てているからいいのだが。

これを、他のアジア諸国に当てはめてしまっては、猛反発が起きるのも、道理である。

アジア諸国への取り組みに際し、まず最初に、
「自分たちと全く同等な歴史と文化を持つ、同等な民族である」
と、心の底から、認めなければいけない。

その上で、劣っているところは補い、困っている部分へは手助けをする。

こうでなければ、話が始まらないはずだ。

まあ、有色人種であり、黒人ほど黒くもなく、先進国の仲間でもある日本以外に、仲立ちを出来る国は、存在しないだろうが。

どれほど、膝を屈しているつもりでも、所詮、壇上から見下げたパフォーマンスに代わりはないことを、欧米諸国は、知るべきである。

現在のところ、アジア諸国が確立すべき政治体制は、民主主義と言うことになるのだろうが、それとても、その国に合わせた○○民主主義でなければ、到底、普及しないだろう。

まず、アジアの人々を認めてあげないと、全ては始まらない。
何も、過激な人々を認めろ、などと、アホなことを言っている訳ではないのだ。

« 民主党の正念場 | Main | 国連のボランティア団体化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/44489806

Listed below are links to weblogs that reference アジア動乱:

« 民主党の正念場 | Main | 国連のボランティア団体化 »