Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 英語教育~話せるために~ | Main | アジア動乱 »

March 26, 2009

民主党の正念場

小沢代表の秘書逮捕に絡んで、党内が揺れている。
政権交代に向けて、小沢民主党が公言してる各種政策が、官僚帝国の聖域を侵すとして、帝国が放った刺客の攻撃が功を奏し、民主党内が揺れに揺れている。

党内は、小沢代表を支えようとする主流派と、代表の自主的な辞任を迫る派に別れ、せめぎ合いを演じている。
そして、それを見てほくそ笑む自民党という構図になっている。

まあ、これは、民主党が抱え込んでいた矛盾点が顕在化したもので、ある意味、政権奪取前に露呈して、幸いだったかも知れない。

まあ、元から反小沢だった前原元代表らは別格として、それ以外の反対派は、旧革新系なのではないのか?

つまり、きれい事だけを言っていれば、それで済んできた連中が、そのぬるま湯体質から抜けきれず、官僚の攻撃に、あっさりと攪乱されて騒いでいるようにしか見えない。

こういった民主党の弱点は、いずれ露呈したはずで、民主党は、今回の騒動の結末によって、政権担当能力を持っていると示さなければいけない。

今回の検察のやり様は、矛盾だらけだ。
以前から存在したやり方をしているだけの小沢周辺を、突然、理解に苦しむ根拠で逮捕したは良いが、全く同罪な自民党議員には、一切、手を出そうとしない。

自民党議員周辺が無罪ならば、小沢周辺も無罪である。

また、明らかに有罪ならば、今まで放置してきた検察は、極めて怠慢と言うことになる。
その責任は、誰が取るのか?

無党派な私からすると、今回の小沢周辺のやり口は、決して、誉められたものではないと感じている。
しかし、自民党に捜査の手が及ばないのは、理解に苦しむ。

また、政権を取ろうという党の内部に、きれい事だけを言って、報酬をむさぼっている税金泥棒にも等しい無用の輩が多数生息しているのも、言葉を失う。

現在は、自民党、民主党、官僚と、三つどもえの闘争の真っ最中なのだ。
そして、事態は、「何でもあり」の様相を呈している。

そんな中で、きれい事だけを言っている連中の存在は、民主党の汚点としか思えない。

この混乱で、国民の支持を失い、政権交代の資格を失うのならば、それは、端から、そんな資格を持ち合わせていなかったと言うことを、自ら証明することになる。

総選挙前に、それが分かれば、無駄な空白の期間を生まなくても済む。

だとすれば、今回の官僚帝国の逆襲撃の功罪のうちの、唯一の「功」が、この点だろう。

どっちつかずの無党派の一人として言っておく。
民主党が小沢以外の代表者だったら、絶対に、政権交代などは出来ないだろう。

なぜなら、私は、投票に当たって、民主党を候補にすら入れないからだ。
残る選択肢は、「おらが先生様」に投票するか、棄権するか、だ。
他の選択肢は、私には、存在しなくなる。

小沢を欠いた民主党など、官僚帝国に歯が立たないのは、分かり切っているのだから。
そんな政治的空白が許される状況ではない。

« 英語教育~話せるために~ | Main | アジア動乱 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/44473456

Listed below are links to weblogs that reference 民主党の正念場:

« 英語教育~話せるために~ | Main | アジア動乱 »