Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 衆院は選挙モードへ | Main | 自民マニフェストは、ゼロ回答 »

July 17, 2009

石川遼、全英にチャレンジ

まさに、チャレンジだ。
行われているのは、ターンベリー・エイルサコースらしいが、中継を見ると、思いっきり海沿いのコースだ。
当然、風が強く、しかも、刻々変化する。

そんなコースにあって、石川は、高弾道のドライバーを多用する。
1日目は、偶然、風が弱かったようで、そこそこの成績を残すことが出来た。
しかし、そんな幸運を、大会全日に渡って期待するのは、現実的ではない。
また、そんな環境ならば、周りも好成績だろから、結局、彼の予選突破の可能性は、大差ないだろう。

なぜ、石川遼は、不利を承知で、ドライバーにこだわるのだろうか?
タイガーですら、第1打をアイアンで打っていても、石川は、十年一日のごとく、ドライバーを振り回す。

これには、彼の父親が答えていた。
なんでも、中距離のアイアンが、ダメダメなんだそうだ。
プロの第一線で通用するのは、ドライバーと寄せのアイアンのみらしい。

ドライバーでぶっ飛ばし、アイアンで寄せる。
これが、プロとしての彼の、唯一の戦法のようだ。

つまり、頑固なまでにドライバーにこだわっているのではなく、他に方法がないのだ。
自分が、唯一、戦いをしうるレベルにあるドライバーだけを頼りに、無謀とも言えるチャレンジを行っている。

風が吹こうが、調子が悪かろうが、彼には、他に選択肢はない。
複数のドライバーを使い分ける技術も、おそらく無いだろう。

そして、結果がどうであれ、若者のチャレンジに乾杯!

« 衆院は選挙モードへ | Main | 自民マニフェストは、ゼロ回答 »

スポーツ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/45658980

Listed below are links to weblogs that reference 石川遼、全英にチャレンジ:

« 衆院は選挙モードへ | Main | 自民マニフェストは、ゼロ回答 »