Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 今後の課題~1.内需拡大~ | Main | 今後の課題~3.格差の是正~ »

August 25, 2009

今後の課題~2.食糧自給率~

2.食糧自給率

これは、根本的な改革が必要だ。
最大の問題は、農家が儲からないことだと思う。
先に、米について書いたが、基本的に、全ての野菜・穀物にも当てはまる。
国際競争力という点では、壊滅なのではないだろうか。

中国産野菜の残留農薬等の問題から、割高でも国産野菜を買う傾向が出てきたが、自給率は、やや持ち直した程度だ。

対策があるとしたら、農家の規模を大きくし、コストを下げるくらいしか、思い浮かばない。
そして、それは、既に実行されている。

で、ほとんど効果がない。

これに対して、民主党は、「お手当」を支給する方策にでた。
零細農家に対しても、安く売った分の差額を補填するという方法だ。
まあ、多少の効果はあるだろう。
しかし、その費用は膨大なものになり、財源が見つかるかどうか、怪しい。

しかも、そこまでの税金をつぎ込んでも、自給率が、いくら上がるやら。

国際的には、輸入自由化に向けて進んでいて、おそらく、この流れは、止めようがないだろう。
日本の農業は、安かろう悪かろうの外国産野菜に、押しつぶされる可能性が高い。

これをふまえての自・民の農業政策な訳だが、根本的な解決にはならないように思える。
さりとて、基本的に、小規模農家が大多数を占める日本農業では、他の根本的な解決は、容易には見つからない。

・大規模農家へと誘導する。
・割高な分を補填する。
・野菜・穀物工場での、機械的大量生産へ誘導する。

こんなところか。

しかし、どれも、効果が薄いか、時間を要するか、だ。

手っ取り早いのは、倍額だとしても、国産野菜を買うという方法しかないが、どん底の不景気の中、実現可能だとは、到底思えない。

結局、「これ!!」と言う解決方法は無く、全て、あるいは、どれかの合わせ技しかないだろう。

生産者は、出来るだけコストを下げる努力をする。
消費者は、たとえ倍額だとしても、国産を買う。

今のところ、これしか、思い浮かばない。

マニフェストに書いてある、バラ色にも見える農業政策の実態は、これなのだ。

« 今後の課題~1.内需拡大~ | Main | 今後の課題~3.格差の是正~ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/46024283

Listed below are links to weblogs that reference 今後の課題~2.食糧自給率~:

« 今後の課題~1.内需拡大~ | Main | 今後の課題~3.格差の是正~ »