Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« マニフェストのその後 | Main | やはり社民党がネック »

August 31, 2009

民主圧勝がもたらしたもの

二つある。

ひとつは、官僚支配破壊への足がかりが出来たと言うことだ。
それが可能になったのは、戦後初めてだと思う。
やるとしたら、今しかない。

だが、忘れてはいけないのは、新しい形態、新しい政策の実働部隊は、官僚・国家公務員であると言うことだ。

政府や政治家がどれだけ意気軒昂に叫ぼうが、実行するのは連中だ。
実際にしなければいけないことは、非効率な官僚組織の破壊と再構築である。

破壊するだけなら、やらない方がマシである。

二つ目は、一票の価値の再確認である。
昔はともかくも、小選挙区制が、並立とはいえ採用されている今は、今回のような劇的な政界地図の塗り替えが、頻繁に起きうる。

「誰がなっても一緒じゃん」という文化人気取りの戯言は、100%戯言と言いきれる。

いまどき、こんな時代遅れの戯言を言っている奴がいたら、大笑いした後に、言ってやろう。

「まだそんな死語言ってんの?」

小選挙区制が、劇的な変化を政界に与えうると言うことは、我々の投票が、政界に与える影響が、極めて大きいと言うことだ。
つまり、我々も、しっかりと勉強し、しっかりと候補者の訴えを聞き、正しいと自分が思える判断をしないといけないと言うことだ。

小選挙区制が与える責任は、選ばれる政治家だけではなく、我々有権者にも、自覚を強いているのだ。

せめて、ニュースか新聞くらいは見ておこう。
麻央やクリステル目当てでもいいからさ。

« マニフェストのその後 | Main | やはり社民党がネック »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/46081309

Listed below are links to weblogs that reference 民主圧勝がもたらしたもの:

« マニフェストのその後 | Main | やはり社民党がネック »