Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 今後の課題~4.社会保険・年金の適正化~ | Main | 民主圧勝がもたらしたもの »

August 29, 2009

マニフェストのその後

衆院総選挙を明日に控え、各党とも、追い込みにかかっている。
民主党の単独過半数もささやかれ始め、野党連合での過半数は、既定の事実のように報道されている。

そんな中で、民主党のマニフェストに対する不安が指摘され、有権者に一定の不安感を抱かせている。

それについて、無党派の立場から、書いてみたい。

自民・公明で過半数を維持した場合は、全く問題ない。
官僚主導の既定路線を行く訳で、何の問題も起きない。
大事な政策ほど、後回しになるだろうが、そのうち、実行されることだろう。

問題は、民主党が単独過半数を取った場合だ。
野党で過半数ならまだいい。
社民党が混ざるので、まとまるものもまとまらず、自公政権と大差ない結果に終わるはずだ。

気がかりなのは、政界再編を含む変化で、民主が、衆参共に単独過半数を手に入れた時だ。
何でもかんでも、自分勝手に決められるので、日本が混乱に陥る可能性が無い訳ではない。

ただ、杞憂であると言っておこう。
マニフェストは、従来の公約よりはマシだが、実行予定リストでは、決して無い。
その中のいくつかは実現するだろうが、実現されないもの、実現しても、当初の意味合いとは異なってしまうもの、様々だと思う。

民主党のマニフェストに対して、不安を抱く人たちは、官僚組織というものを忘れているか、過小評価しているのだろう。

連中のしたたかさ、始末におえなさは、想像を遙かに超える代物だ。

そんな連中相手に、民主党が、全ての政策を、無理矢理実行させられるとは思えない。

いいとこ半分だろう。
それも、どうでも良い方から数えての半分だ。

民主党の考えでは、政策の立案を、政治主導で行うというものらしい。
これは、ある程度可能だろう。

しかし、それを実行するのは、官僚をトップとする公務員達なのだ。
ポッと出の野党上がりの政権の言うことを聞くか、直接のトップの言うことを聞くのか。
…言うまでもないだろう。

結局、自公だろうが、民主だろうが、奴らのやり口に大差はない。
自分たちに都合の悪い政策は、無視するか、先延ばしするに違いない。

反対するなどと言う、突っ込まれやすい手段はとらないのだ。

故に、自公と民主の違いは、官僚組織への対峙姿勢だけとなる。

だから、政権選択の投票らしいが、この点だけを考えて投票すればいいと思う。

官僚主導の現状維持を望むのなら自公へ。
それを、少しでもいいから変えて欲しいなら民主へ。

実は、簡単な選択なのだ。

« 今後の課題~4.社会保険・年金の適正化~ | Main | 民主圧勝がもたらしたもの »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/46061097

Listed below are links to weblogs that reference マニフェストのその後:

« 今後の課題~4.社会保険・年金の適正化~ | Main | 民主圧勝がもたらしたもの »