Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« August 2009 | Main | October 2009 »

September 29, 2009

VCSファイル切り出しツール

PCのスケジューラーから携帯のスケジューラーに予定を送る際に、PCで、ひとつのvcsファイルに複数の予定を入れ込むと、携帯によっては、登録できないことがある。

そこで、複数の予定が入れ込まれたvcsファイルから、1予定1ファイルに切り出すツールを作った。

少し前のトピックを参照して、予定のPC→携帯同期を行ってみたい方は、お使い下さい。

エディタ等で、手動で出来ることを、省力化するだけのツールです。

CRAのホームページ
自作フリーソフトのページ

September 28, 2009

自民党、谷垣総裁誕生

谷垣新総裁の資質に関わらず、

旧態依然の自民体質、未だ健在

そんなイメージを受けてしまう。

残念ながら、「長老支配」「派閥の論理」などから、抜け出せない結果となってしまった。
いや、各候補の真意に関係なく、

何ら変わらない、今まで通りの総裁選び

と、私達には見えてしまう。
そして、それが、大多数の見方であるのだろう。

だとすれば、時代は、自民党を、「やがて消え去る政党」と見なしているのか?
あるいは、民主党の大ボケを救う救世党として、蘇らせようとしているのか?

無党派な私からすると、今後しばらく、自民党関係のニュースは、「聞き流し」「読み流し」に分類されることになった。

舛添総裁、河野総裁ならば、ハラハラドキドキ、横目くらいは、追いかけたかも知れない。
しかし、谷垣総裁では、安定しているが故に、注目する価値は無い。

ま、二大政党維持のために、頑張って下さい。
野党の皆さん。

September 25, 2009

PCスケジューラ→携帯カレンダー登録

完全な同期ではないが、可能になったので、備忘録として書く。
以下、特にアプリの指示がなければ、Sunbirdである。

■環境

携帯:Softbank 921SH
PC:XP Home
必須アプリ:Mozilla Sunbird
SunBirdの必須アドオン:.vcs Support
推奨ブラウザ:FireFox

■コンセプト

・Sunbirdが常に正解。バックアップはGoogle Calender
・出先で携帯に登録した予定は、メールでPCアドレスに送っておく
 →Gmailなら、簡単に振り分け可能(user+pim@...など)
・携帯は、予定ビューアとして使う

■準備

・Mozilla Sunbirdをインストールする
・アドオン.vcs Supportを、インストール

以下は推奨
・日本の祝日データをインポート(デフォルトのHomeへが吉)
・Sunbirdに、複数のカレンダを作成(携帯、Google、など)

■携帯へ登録

・携帯登録用のカレンダ以外のチェックを一時的に外す
・登録したい予定(一個)を選択
・ファイル→選択した予定をvcsでエクスポート
 →921SHの場合、UTF-8を選択すれば、漢字のまま携帯に入った。
・保存した予定ファイル(vcs)を、メールに添付して、携帯に送る。
・携帯で、添付ファイルを選択して、登録。

■Google Calenderにバックアップ

・Google Calenderを使えるようにする
・Provider for Google Calenderを入れて、同期設定

■Googleカレンダーの土日に色をつける

Webに、いっぱい方法が書いてあるが、ほとんどが古い。
2009年な今では、下記の方法しか、変更できなかった。

・FireFoxが必須
・FireFoxのアドオン Stylish
・Googleカレンダーの土日に色をつける

■問題点

・携帯との同期が手動

これは、仕方ない。
携帯付属のPCツールがタコすぎるのが、そもそもの始まり。
シルバーウィークが、きちんと祝日になっていないのだから、使う気にならない。
それに、いちいちUSBケーブル差すよりは、メールをいじった方が楽。

・予定が一個しか送れない

これは、携帯の制限なので、仕方ない。
Sunbirdは、複数の予定をエクスポート可能なので、切り分けツール探すか、自作する予定。

・Sunbirdの土日の背景が見づらい

これは、現状では、変更不可能。
ただ、FireFoxでは、Googleカレンダーが変更可能なので、いずれ可能になるだろう。

・いちいち携帯への同期が面倒

私は、定例データが多く、たいていは、月一の作業なのだ。
それ以外の予定追加は、多くて一日一回程度。
許容範囲である。

■入手先

それぞれのキーワードで探して欲しい。

「Mozilla Sunbird」
祝日データも、ここにある。

Google
カレンダーも、ここから入れる。
Googleのアカウント必須。無料なので、取得が吉。

各種アドオンは、それぞれのソフトのアドオンメニューで取れる。

「Googleカレンダー Sunbird 同期」
適当な説明を参照する。

■雑感

本来は、Googleカレンダーありき、が正解なのだろう。
複数のPCや出先の携帯からでも、好きに変更が出来て、全ての環境で、変更が反映される。
しかし、携帯のパケ代は、出来る限り節約したいのだ。
よって、Googleカレンダー使い回しは、パスした。

今時、携帯とPCの予定を同期したい人って、星の数ほどいるはずだが、実現されていない。
この方法ならば、同じやり方で手動同期可能になる人が多いはずだ。
なぜなら、携帯に送りつけるファイルは、vCalenderと言うフォーマットで、国際標準だからだ。
アラームなどさえ設定しなければ、ほとんどの携帯で使えるはず。

この辺は、各自の携帯に合わせて、試行錯誤して欲しい。

はあ、疲れた。
PCのスケジューラ探しに、である。

使い慣れた「おかる」で出来れば、簡単だったのに。
ちゃんとレジスト済みなのだ。

September 17, 2009

保釈金

酒井法子の保釈報道で、このお金の性格を、初めて知った。
ついこの間までは、これは、取られっぱなしのお金だと思っていたのだ。
なので、金持ちは出られて、貧乏人は出られないわけで、まさに「地獄の沙汰も金次第」だと考えていた。
しかし、全く違っていた。

実際には、逃げないようにカタを取っておく、と言うことらしい。
なので、逃げてしまえば没収、裁判が終われば還付、と言うことになるらしい。

その金額は、被告の経済状態によるらしい。
たとえば、ホリエモンに100万円だと、痛くもかゆくもないから、トンズラしてしまう。
よって、保釈金1億円とかになり、酒井法子なら、500万円位で十分だろうという判断になるらしい。

ちなみに、貧乏人は、100万円位らしい。ご安心を。これ以下は、さすがに少数派になるようだ。

ちなみに、うちの場合、10万円位なら、かき集めてくれそうだが、50万円を超えたら、知らんぷりされそう。
まあ、せいぜい、適法生活を心がけよう。

September 15, 2009

酒井法子報道は、いい加減にしろ

連日のように、報道が続いている。
先ほど、保釈金500万円の半分が納付されたと報じている。

しかし、既に興味はない。

若者に覚醒剤の恐ろしさを伝えるなら、他にやりようがあるだろう。
芸能界の各種ドラッグ蔓延なら、とうに知っている。
そして、酒井法子に対する興味は、全くない。

要するに、流すニュースが無いんだろう。

これ以外には、民主党関連しかない。
だから、性懲りもなく、同じニュースを垂れ流しているようだ。

はっきり言って、良い迷惑だ。

たとえ、それを伝えるのが、クリステルでも、アヤパンでも、麻央でも、摩耶でも。
彼女たちが伝えても、聞きたくないのだから、推して知って欲しいものだ。

September 12, 2009

マスコミの与党叩き

マスコミの報道は、政治面では、与党叩きが定番となっている。
これだけ複雑化した世の中になると、ひとつの政策を行って、八方丸く収まるなどと言うことは、まず無い。
あったとしたら、海外からクレームがつくことだろう。

よって、ツッコミどころは、いくらでも見つかる。

マスコミの本質は、スポンサーありき、である。
言い換えれば、テレビの民放はCMがメインで、CM間のつなぎを、CMの邪魔にならない内容で繋いでいる、とも言える。

マスコミ各社は、「正確な報道」というが、実態は、「間違ってはいない報道」ではないのか。
実際、切り口によって、ひとつの真実が、幾通りもの見せ方が可能だ。

ちなみに、NHKは、国がスポンサーのようなものなので、民放と同類だ。

新聞・雑紙などは、広告もあるが、メインの収入は、購読者から入ってくる。
故に、掛け値無く、真実が報道できるはずだ。
しかし、実際には、新聞社自身のカラーや、各社トップのつきあいなどで、無色透明な新聞社は、存在しないようだ。

かくして、一番無難なのが、与党叩き記事となる。
これなら、どこからもクレームが付かず、安心して垂れ流せるし、視聴者・読者の興味も高い。

最近は、それすら怠けて、垂れ流された広報を、そのまま報じているアホマスコミも多数存在するようだ。

さて、与党が自民党から民主党に移ったが、報道は、どう変わったか。

今日現在、民主党政権が、本格的に稼働していないと言うこともあって、本格的な与党叩きは始まっていない。

内閣の布陣が決まっていないことを、「小沢二重支配」と、ほのめかすくらいだ。

しかし、鳩山総理が誕生し、本格的に鳩山内閣が動き始めれば、与党叩きも本格化してくることだろう。

これからの時代、小選挙区制が実施されている間は、頻繁に政権交代が起きうる体制となっている。
そんな時代にあって、与党や総理を決めうる力持った有権者である我々は、まず、その自覚と責任を持たねばならない。

マスコミの報道に踊らされることなく、その偏った報道の中から真実を見極め、連中の所行を見極めないといけない。

正しいことは正しいと認め、正しい目的だったのに結果が悪かったのは、減額査定をし、間違っていることは、はっきりと非難しよう。

それが民主党だろうが、自民党だろうが、正しいことは正しいと誉め、間違っていることは、断固として非難しよう。

そして、その判断の蓄積でもって、次の選挙の投票先を決めないといけない。

日本の今後をどうするか?は、与党や官僚だけの責任ではないのだ。

September 11, 2009

千葉県の不正経理問題

森田知事が怒り狂っているようだ。
まあ、分からないでもない。
ただ、さすがに、小気味良い頭の下げ方をしていたのが、印象に残った。

職員連中の肩を持つつもりは全くないが、やむを得ない部分もあると書いておこう。

近所の自治体であった実例。
商品名、仕様などは、一切忘れてしまったので、適当にでっち上げる。

日本でパソコンと言えば、NECのPC98を意味していた頃の話。
CPUの周波数などは、今と違うが、GHzな現状に合わせて、適当に増やしておく。
ただ、ニュアンスは、当時のまま。

役所の備品であるパソコンが故障した。
CPUは333MHz、RAMはEDOが64MB。HDDは20GB。そして、OSはWin98SEだ。
業者の修理見積もりを見たら、20万円近い。
下手をすると、新品が2台買える価格だ。
でも、規定の耐用年数が来ていないので、買い換えは御法度らしい。
で、上からの指令で、修理費も15万円までに削られた。

そこで今回のやりとりとなる。

業者はあくまでも修理と言うことで、請求書・明細書を提出し、出納課は、修理費として支払う。

職員は、新品を手に入れ、以前のPCに貼ってあった備品シールを作り直し、同じ備品コードのままで、新品のPCに貼り付ける。

備品リストには、CPUの速度やHDDの容量までは記載されていないので、ばれることはない。

やりようによっては、15万円必要だった修理費を、10万円以内に押さえることも出来、税金の無駄遣いも防げる。

担当者や直属の上司が黙っていれば、八方丸く収まって、みんな得をするのだ。
何が悪いのか?

…と言うことで、この手のことは、慣習として続いてきたようだ。

民間会社では、まずあり得ない。
だって、修理費と新規購入の価格差を提示し、上司の裁決を仰ぐだけのことだ。
ほとんどの場合、口頭でも承認が降りるはずだ。

これは、役所の硬直化した体制が生んだ苦肉の策なのだろう。
そもそもは、税金で揃えた備品を、無駄にしたり、無意味に買い換えたりすることのない様に、一定の歯止めが掛けられているのだと思う。

それそのものは良いが、硬直化してしまっていて、弊害の方が多くなっている。

NECのPC98の初代機が発売された頃購入したロッカーは、まだ現役で使えるだろうが、コンピュータは、そうはいかない。

千葉県の例では、こういった例も含まれているようだ。

非難すべきは、業者預けや仕事外用途の物品購入、そして、私的流用である。
この点だけは、区別しておこう。

September 10, 2009

ケータイ小説

「ねぇねぇ、あのケータイ小説読んだ?」
「みたみた。超泣けるよね」
「何の話?」
「情報遅すぎ。読んでないの?」
「今週は忙しかったの。で、今度は、どっちが死ぬの?」

注)

けいたいしょうせつ(名詞)

主人公が恋人同士になり、どちらかが死ぬエンディングを迎える形式の小説。
媒体としては、携帯電話で見る形式のものが多い。
ケータイ小説と表記する。
通常、いわゆる小説には分類されない。

携帯小説と表記した場合は、携帯電話で見ることを前提とした普通の小説で、ケータイ小説とは、似て非なるもの。
この形式の小説は、極めて少数。

September 09, 2009

CO2-25%に、各界から反発

民主党の鳩山代表が、CO2の削減目標を明言したところ、案の定、猛反発が起きている。
しかし、これは、反発する方が間違っている。
近視眼的とも、今までの弊害とも言える。

日本のトップが、日本や日本人が目指すべき目標を提示し、全ての日本人が、その目標に向かって、一致努力する。

これが、本来のあるべき姿だ。
問題は、その目標が正しいかどうかだ。
で、今回の場合、検討するまでもなく、正しい目標だ。
省エネ技術に優れる日本が、技術開発しないで、どこが可能というのか。

また、来年度末までに、とかの期間ならば、単なる戯言なのだが、そう言う訳でもない。

要するに、その間に、画期的な技術を開発し、普及させればいい。
太陽熱発電も、風力発電も、実用段階にあるが、効率が悪い。
その他の方式に至っては、いまだ研究段階だ。

車だって、ハイブリッドというつなぎでしかない方式しか無い。
電気自動車、水素自動車などが、ほぼ実用段階にあるが、ガソリンスタンドのような補給施設が、全く存在しない。
つまり、車に置いても、これからなのだ。

これら二つが、実現出来れば、それだけで、かなりの削減になる。
その実現のために、乗り越えないといけないハードルは、それほど高くないはずだ。

池田内閣における所得倍増計画も、言い出した当初は、噴飯ものの戯言だった。
池田総理には、非難が集中した。
しかし、池田総理はひるまず、実現に向けて指導力を発揮し、短期間で成し遂げた。

オイルショックの危機も、努力と忍耐で乗り切った。

石原都知事が、ディーゼル車に対する、常識はずれな規制を打ち出し、揺るがなかった結果、対策車が多数を占める様になった。

あの「削減目標」は、あくまでも目標である。
それを総理や与党が打ち出し、リーダーシップを発揮して、どこが悪いのか?

批判する輩は、今までの自民党が、この手のリーダーシップを、全く発揮してこなかったという悪弊に、どっぷり浸かっているからだと思う。

September 07, 2009

民主は、マニフェスト違反を恐れるな

今回の民主のマニフェストは、政権を取ることを前提に書かれた、いわば、実施項目にも等しい。
国民の受け止め方からすれば、従来の公約よりも重い。

そのマニフェストにあげた項目が実施されないとしたら、国民に対する裏切りと取られても仕方がない。
当然、国民から猛反発を受け、支持率も急落することだろう。
マスコミも自民党も、ここぞとばかり、猛攻撃を加えてきて、悪くすれば、民主政権の屋台骨をも揺るがしかねない。
誕生したばかりの民主政権としては、絶対にしてはいけない下策だろう。

しかし、あえて、「実行しない」と言う選択肢を提示しておく。

従来の「実行しない」と言うことが起きた場合は、族議員や官僚などの反対により頓挫した場合が、ほとんどだったろう。
これからしばらくは、族議員は存在しないから、官僚の反撃と言うことになる。

これらに押し切られて「実行しない」となれば、既に、民主政権の存在意義はなく、さっさと下野して貰いたい。

しかし、だからといって、マニフェストにあげた項目全てを、実行しなければいけないと言うことにはならない。

つまり、政権を取ってみて初めて分かる詳細により、修正を必要とする項目、あるいは、全く別のアプローチの方が有効で、その項目だけを見れば、やらない方が良いことが判明した場合。いろいろあると思う。

そうなった時は、マニフェストに縛られることなく、柔軟に対処すべきだ。

より良い方策に転換すべく、マニフェスト項目をあえて実行しないと言うケースの場合は、国民に対する裏切りではないと思えるのだ。

この辺は、民主党と国民との間の信頼関係だろう。
「ちゃんとやっているが、この項目については仕方ない」と、国民が納得すれば、金科玉条のごとく、マニフェストを遵守する必要はないと思う。

そう納得させるためには、誠実かつ詳細な説明を尽くすしかない。

ま、最後の手段であることは間違いないので、安易にやっては、そもそも、納得してもらえないだろうが。

September 05, 2009

QRコードを名刺に入れよう

QRコードは、最近、当たり前のように見かけるようになった。
このサイトの左上にも、自動的に表示されている。
二重四角が三つある、非対称な感じの四角のドットパターンだ。

Quick Responseに由来し、デンソーウェーブの登録商標だそうだ。
wiki

いろいろなモードがあり、漢字なども入れられるようだが、用途が限られる。

たとえば、携帯電話のアドレス帳のインポート形式にフォーマットして格納しておき、簡単にアドレス登録できるようにしておくと言う用途が考えられる。
しかし、フォーマットなどを合わせる必要があり、一般的でもないし、簡単でもない。
携帯をいじると、vCardとか言う名前が出てくるし、実体はテキストファイルのようで、フォーマットさえ合わせれば、不可能ではないのかも知れない。
しかし、やっとの事で携帯を使っているおっさんにとっては、不可能と同義だ。
ここはひとつ、ばっさり忘れることにしよう。

残る用途は、URLだろう。
自分のHPやブログなどのURLをQRコードで印刷しておけば、暇な時に、チョコっと覗いてみようと言う気にもなる。

と言うことで、これにチャレンジしてみる。

1.名刺の印刷

これが出来ないと話にならない。
手順としては、名刺サイズになるように切れ目が入ったA4用紙を買ってきて、そこに印刷すると言うことになる。
ワードや一太郎を使う。
詳細は、別の解説サイトに譲るが、タックシールとして設定し、名刺1枚を1ページとして、作成すればいい。
他のページは、1ページ目を丸ごとコピーする。
その用紙の型番がワープロに入っていれば、指定するだけで世話なしだ。
そうそう、Excelでも、作れないこともないだろう。

2.QRコードの作成

「QRコード 作成」と検索すれば、いくらでも見つかる。
作成サイトで、画像ファイルとして出力してくれるサービスが多いようだ。
私としては、フリーソフトを見つけたので、それを使うことにした。

携帯によっては、Htmlのようなタグが入れられる場合もあるようだが、キャリアによっても違うので、単純なテキストとしてURLを入れた方が無難だろう。

大きさは、いっぱいあるようだが、名刺に印刷すると言うことで、一番小さいバージョン1の21×21セルした。(印刷時で7.5X7.5ミリのやつのつもり)

印刷して、ソフトバンクの921SHで試したが、問題なく読み取れた。

作成も容易で、このブログのURLを貼り付けたら、簡単に作成できた。
あとは、画像ファイルとして保存するだけだ。

一般に画像形式は、jpegが使われるが、サイズも小さいので、bmpで問題ない。
これなら劣化しないので、読み取り精度も上がるはずだ。

3.貼り付け

名刺の場合、縦書きにしろ横書きにしろ、印刷用紙の上下方向の左下は空いていることが多いので、ここに配置することになるだろう。

貼り付けは、マイコンピュータで単純にコピーすると、ファイルのコピーになってしまうので、画像ツールを使う。
Windows標準のペイントで良い。

a)ペイントで、先ほど作成した画像ファイルを開く
b)全て選択→コピー
c)ワープロ等に貼り付ける

これだけだ。
今回の場合、用紙にある名刺の数だけ、貼り付けを繰り返すことになる。

会社が名刺を作ってくれる場合は、印刷業者がやってくれるので、こんな手間はいらないし、そもそも、個人の自由にならないことだってある。
なので、この手のことは、自分用の名刺を作る際に役立つだろう。

シンプルな名刺でも、QRコードが入ると、それなりに見えるので、楽しいよ。

September 03, 2009

やはり社民党がネック

総選挙前に、「社民党を切れ」と書いたが、やはり、この党がネックとなっている。
参院の過半数を考えたら、切るに切れないのだろうが、ここはひとつ、ぐっと踏みとどまらないといけない。

今回、民主党を支持したのは、大筋に置いて、自民党の政策と大きな違いがある訳ではなくて、それを改革しようとする方向性と、長く続きすぎた自民党政権を一度ご破算にしようと言うことだと思う。

つまり、消極的にしろ、民主党を支持した人々は、国を国際的に孤立させてまで、理屈を押し通せ、と言っている訳ではない。
日本に革命を起こして欲しい訳でもない。

今までの基本線を維持しつつ、非効率的で不平等な国の体制を、まともにして欲しいだけのことだ。

だから、マニフェストの中に、問題になりそうな箇所が多々あるにもかかわらず、圧倒的な数を、民主党に与えたのだ。

社民党に振り回されて、この党の言うなりになれば、民意を失うのは、明らかだ。

民主党を支持した民意は、社民党に対し、基本的に数あわせのために参加して、唯々諾々と従う。
そして、民主党がとんでもないことをやらかし始めた時に、一定の抑止力として働いて欲しい。そんなところだろう。

社民党の言うように、非核三原則を厳密に守り、インド洋から即時撤退した場合には、何が起きるだろうか。
確実に起きることは、米国との関係悪化と、国際的な孤立だろう。

社民党は、あそこまで自分たちの考えを押し通す以上、そうなった時の対策や、日本が取るべき方向性が見えているのだろうか?

おそらく、全く見えていないはずだ。
毎晩飲み歩く旦那を、一方的に責める奥さんのようなものだ。
単なる飲んべえ、浮気、接待、会社のつきあい、家庭内の不和…
いろいろな状況が考えられるにもかかわらず、そんな現実社会の動きなど一切関知せず、毎晩酒を飲んでくると言う事象にのみ拘泥して、非難を続ける。
そんな奥さんの精神構造と、何ら変わるところがない。

そんな党など、つるむ必要はない。
それくらいなら、非難を覚悟して、自民党を切り崩したり、無所属・諸派を取り込んだ方がマシだ。

もしそうではなくて、単に、埋没を避けるためのポーズならば、最後は折り合って、基本「唯々諾々」を受け入れるはずだ。
まあ、時々わめき立てて、国民の注目を浴びるパフォーマンスを受け入れる位は、民主党も受けれてもいいだろう。

最後に言っておく。
社民党の言っていることは、正論である。
どこも間違ってはいない。…国内だけを考えれば、であるが。

« August 2009 | Main | October 2009 »