Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 千葉県の不正経理問題 | Main | 酒井法子報道は、いい加減にしろ »

September 12, 2009

マスコミの与党叩き

マスコミの報道は、政治面では、与党叩きが定番となっている。
これだけ複雑化した世の中になると、ひとつの政策を行って、八方丸く収まるなどと言うことは、まず無い。
あったとしたら、海外からクレームがつくことだろう。

よって、ツッコミどころは、いくらでも見つかる。

マスコミの本質は、スポンサーありき、である。
言い換えれば、テレビの民放はCMがメインで、CM間のつなぎを、CMの邪魔にならない内容で繋いでいる、とも言える。

マスコミ各社は、「正確な報道」というが、実態は、「間違ってはいない報道」ではないのか。
実際、切り口によって、ひとつの真実が、幾通りもの見せ方が可能だ。

ちなみに、NHKは、国がスポンサーのようなものなので、民放と同類だ。

新聞・雑紙などは、広告もあるが、メインの収入は、購読者から入ってくる。
故に、掛け値無く、真実が報道できるはずだ。
しかし、実際には、新聞社自身のカラーや、各社トップのつきあいなどで、無色透明な新聞社は、存在しないようだ。

かくして、一番無難なのが、与党叩き記事となる。
これなら、どこからもクレームが付かず、安心して垂れ流せるし、視聴者・読者の興味も高い。

最近は、それすら怠けて、垂れ流された広報を、そのまま報じているアホマスコミも多数存在するようだ。

さて、与党が自民党から民主党に移ったが、報道は、どう変わったか。

今日現在、民主党政権が、本格的に稼働していないと言うこともあって、本格的な与党叩きは始まっていない。

内閣の布陣が決まっていないことを、「小沢二重支配」と、ほのめかすくらいだ。

しかし、鳩山総理が誕生し、本格的に鳩山内閣が動き始めれば、与党叩きも本格化してくることだろう。

これからの時代、小選挙区制が実施されている間は、頻繁に政権交代が起きうる体制となっている。
そんな時代にあって、与党や総理を決めうる力持った有権者である我々は、まず、その自覚と責任を持たねばならない。

マスコミの報道に踊らされることなく、その偏った報道の中から真実を見極め、連中の所行を見極めないといけない。

正しいことは正しいと認め、正しい目的だったのに結果が悪かったのは、減額査定をし、間違っていることは、はっきりと非難しよう。

それが民主党だろうが、自民党だろうが、正しいことは正しいと誉め、間違っていることは、断固として非難しよう。

そして、その判断の蓄積でもって、次の選挙の投票先を決めないといけない。

日本の今後をどうするか?は、与党や官僚だけの責任ではないのだ。

« 千葉県の不正経理問題 | Main | 酒井法子報道は、いい加減にしろ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/46189840

Listed below are links to weblogs that reference マスコミの与党叩き:

« 千葉県の不正経理問題 | Main | 酒井法子報道は、いい加減にしろ »