Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 民主圧勝がもたらしたもの | Main | QRコードを名刺に入れよう »

September 03, 2009

やはり社民党がネック

総選挙前に、「社民党を切れ」と書いたが、やはり、この党がネックとなっている。
参院の過半数を考えたら、切るに切れないのだろうが、ここはひとつ、ぐっと踏みとどまらないといけない。

今回、民主党を支持したのは、大筋に置いて、自民党の政策と大きな違いがある訳ではなくて、それを改革しようとする方向性と、長く続きすぎた自民党政権を一度ご破算にしようと言うことだと思う。

つまり、消極的にしろ、民主党を支持した人々は、国を国際的に孤立させてまで、理屈を押し通せ、と言っている訳ではない。
日本に革命を起こして欲しい訳でもない。

今までの基本線を維持しつつ、非効率的で不平等な国の体制を、まともにして欲しいだけのことだ。

だから、マニフェストの中に、問題になりそうな箇所が多々あるにもかかわらず、圧倒的な数を、民主党に与えたのだ。

社民党に振り回されて、この党の言うなりになれば、民意を失うのは、明らかだ。

民主党を支持した民意は、社民党に対し、基本的に数あわせのために参加して、唯々諾々と従う。
そして、民主党がとんでもないことをやらかし始めた時に、一定の抑止力として働いて欲しい。そんなところだろう。

社民党の言うように、非核三原則を厳密に守り、インド洋から即時撤退した場合には、何が起きるだろうか。
確実に起きることは、米国との関係悪化と、国際的な孤立だろう。

社民党は、あそこまで自分たちの考えを押し通す以上、そうなった時の対策や、日本が取るべき方向性が見えているのだろうか?

おそらく、全く見えていないはずだ。
毎晩飲み歩く旦那を、一方的に責める奥さんのようなものだ。
単なる飲んべえ、浮気、接待、会社のつきあい、家庭内の不和…
いろいろな状況が考えられるにもかかわらず、そんな現実社会の動きなど一切関知せず、毎晩酒を飲んでくると言う事象にのみ拘泥して、非難を続ける。
そんな奥さんの精神構造と、何ら変わるところがない。

そんな党など、つるむ必要はない。
それくらいなら、非難を覚悟して、自民党を切り崩したり、無所属・諸派を取り込んだ方がマシだ。

もしそうではなくて、単に、埋没を避けるためのポーズならば、最後は折り合って、基本「唯々諾々」を受け入れるはずだ。
まあ、時々わめき立てて、国民の注目を浴びるパフォーマンスを受け入れる位は、民主党も受けれてもいいだろう。

最後に言っておく。
社民党の言っていることは、正論である。
どこも間違ってはいない。…国内だけを考えれば、であるが。

« 民主圧勝がもたらしたもの | Main | QRコードを名刺に入れよう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/46108553

Listed below are links to weblogs that reference やはり社民党がネック:

« 民主圧勝がもたらしたもの | Main | QRコードを名刺に入れよう »