Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 事業仕分≒腎臓 | Main | 新聞社が青息吐息 »

November 30, 2009

万年筆はおもちゃ

本当は、「大人のおもちゃ」と書こうと思ったが、エロい方面の記事と誤解されそうなので、「おもちゃ」にした。

実は、万年筆なんぞは、一切合切、必要ない。

贈答品のボールペンが、高級品から普及品まで、何本も眠っている。
インク系(水性、ゲルインク)の書き味が好きならば、そう言うタイプも売っている。

スーツのポケットに差しても違和感のない外観で、インクタイプのボールペンが希望だが、これは、さすがに、探すことになる。
このタイプのボールペンは、チープな透明タイプが多いからだ。

とはいえ、書き味で選べば、様々なタイプのボールペンが揃っており、万年筆の出番はない。

万年筆は、学生時代に、セーラーのキャンパス何とかの香料入りのを使っていたのが最後だ。
別に、香料はいらなかったが、万年筆が使いたかったので、入手したのだ。
しかし、用途が手帳記入用だったので、向かいのページにインクが移ったり、裏移りしたりして、結局、ボールペンを使うことになっていった。

それから、ン十年。
事務作業、手帳記入用、アイデアメモ…
様々なシチュエーションで、ボールペンを使い続けてきた。

特定の安価なボールペンの書き味が、それなりに気に入っていて、特に問題はなかった。

しかし、やはり、「万年筆が使いたい」のだ。
この思いは、心の底深く眠っていたようで、このたび、突然表面化し、万年筆を使い出した。

有名デザイナーのデザインによる万年筆を持っていたので、早速、家捜ししたが、見つからなかった。
チープな万年筆では、到底満足できないことは、学生時代の経験で分かっていたので、冷やかしに、文具店に行ってきた。
地方都市としては、大きめの専門店に出かけた。

案の定、万年筆様は、ショウケースに入れられ、鎮座ましましていた。
値段も、一桁違う。
さりとて、事務用のを買うつもりは、毛頭無い。経験済みなのだ。

ブラーと、ペン関係のコーナーを眺めていたら、手帳用のコーナーに、手帳用の細く短いボールペンの横に、昔懐かしいフォルムの万年筆を見つけた。
真っ先に見たのは、値段。

¥890

手に取ったら、まあ軽い。
ペン先はまともそうだが、18金とかではなく、メッキだろう。

あまりのチープさに、元に戻すと、さらにその横に、短い万年筆を見つけた。

OHTO Tasche
オート、タッシェと読むらしい。

書き味などは試せなかったので、見た目だけの判断だが、外れても値段が値段なので、許容範囲と判断して、シルバーを買った。
値段は、やはり、¥890
ネットだと、¥1,050だそうだから、お買い得だった。
ディスカウントショップじゃないのだが。

買ってきてから、ネットで調べたが、値段の割に、評判が良いようだ。
インクカートリッジも、一緒に買ってきたが、ヨーロッパ規格なるものが存在しており、それが使えるらしい。
まあ、カートリッジだけでも、モンブランとしゃれ込んでみようか。

で、使ってみて思うのだが、やっぱり、万年筆なんぞは、不要だ。
小説も書いているが、ぜーーんぶエディタで書いており、1字も手書きしていない。
設定資料だって、エディタで書く。
「物書き=万年筆」
と言う図式は、過去のものなのだ。
万年筆を、仕事の執筆で使い続けている人は、PCなどを使いこなせないか、手書きにこだわっているか、だろう。

そして、そのいずれもが、編集者に迷惑を掛けているはずだ。
デジタルデータならば、メールに添付して送れるからだ。

やっぱり、万年筆なんぞは、前世紀の遺物であり、不要だ。
これでないといけないシチュエーションが、いまだに、思い浮かばない。

唯一の理由が、「書き心地が好き」なだけなのだから。

……でも、楽しいかも。

« 事業仕分≒腎臓 | Main | 新聞社が青息吐息 »

趣味」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/46899203

Listed below are links to weblogs that reference 万年筆はおもちゃ:

« 事業仕分≒腎臓 | Main | 新聞社が青息吐息 »