Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 草食系男子~見捨てられた女達~ | Main | 万年筆はおもちゃ »

November 27, 2009

事業仕分≒腎臓

事業仕分けが終わったようだ。
「掛け値なしに面白い」と言うコメントをしたアナウンサーがいたが、まあ、同感である。

ただ、その仕分け内容について、疑問の声が上がっているので、それについて書く。

その前に、腎臓について書いておく。
一日の尿量は、だいたい1~1.5Lとされている。
しかし、腎臓は、もっとフル稼働している。

血液から漉しだされた尿を原尿というが、実に、一日に200L弱作られている。
まさに、「ちょっとでも怪しいものは全部」である。
これが全て尿となっていたら、大変なことになる。

腎臓では、近位・遠位尿細管という場所で、細かく調べ、99%を再利用するために、再吸収している。

これは、「感知できない危険物質を、体内に残さないため」のセーフティロックなのだろう。
とりあえず、一律にはじき出しておいて、明らかに「有用である」と認識できる物質だけを選択して、再吸収しているからだ。

かくして、尿となるのは、明らかに老廃物と分かっている物質と、未知の物質と言うことになる。

事業仕分けも、腎臓の働きを見習えばいいと思う。
事業仕分けでは、「無駄・非効率」などの一定の尺度ではじき出し、その後、行政刷新会議などで、「必要な無駄」などを、拾い上げればいい。

国防、最先端技術など、「必要な無駄」の最たるものだろう。

そう言う意味では、腎臓に比べ、事業仕分けが「手ぬるい」といえる。
腎臓に例えれば、100兆円くらい、はじき出しても良いはずだ。

はじき出された事業の担当者は、再吸収(復活)に向けて、全力を挙げてアピールすればいいのだ。
政府は、そのための近位・遠位尿細管も、設ける必要がある。
これは、陳情窓口とは、別に設けるべきだろう。

この機能を、官僚に任せてはいけない。

一律にはじき出して、必要なものだけを拾い上げるのは、「自然の摂理」なのだから。

神ならぬ身が、1億以上の生命を守るためには、これくらいのセーフティロックがないと、どうしても尻込みしてしまい、結局、やらないのと同じことになってしまう。

蓮舫さんなんか、明らかにやつれている。
このままだと、来年以降の担当者がいなくなりますよ。

« 草食系男子~見捨てられた女達~ | Main | 万年筆はおもちゃ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/46870807

Listed below are links to weblogs that reference 事業仕分≒腎臓:

« 草食系男子~見捨てられた女達~ | Main | 万年筆はおもちゃ »