Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« December 2009 | Main | February 2010 »

January 29, 2010

貴乃花親方が、理事に立候補

北の湖先代理事長(以下北の湖)が言ったそうだ。

「注射をなくせるのは、広司しかおらん」

ここに、相撲協会の問題が、全て語り尽くされている。
これが、説明なしで理解できる人しか、貴乃花親方の真意は理解できないことだろう。

まあ、とりあえず、説明しておこう。

「広司」は、貴乃花光司ということ。つまり、北の湖は、「広司」と呼ぶくらい、親しいと言うことだ。

「注射」は、八百長のこと。反対に、八百長なしの真剣勝負を「ガチンコ」という。
ある親方が、八百長撲滅を訴えたところ、「注射野郎はだまっとれ!」の一喝でシュンとなり、それきり沙汰やみとなった。
その親方、現役時代、注射漬けだったようだ。
実際、脛に傷がない親方の方が少ない。
その点、貴乃花親方は、自他共に認める「ガチンコ力士」だった。
唯一の注射は、兄の若乃花との優勝決定戦一番のみ。

「しかおらん」一見、何もないようだが、深い意味がある。
相撲協会は、序列社会である。
一般社会と同じく、年功序列もあるが、現役最高位という序列もある。
初代貴乃花(親父さんですな)は、最高位大関だったので、協会内での序列は低かった。だから、長男の若乃花には、一場所でも良いから綱を張って(横綱として出場して)欲しかったようだ。
自分のような苦労はさせたくなかったらしい。

つまり、貴乃花親方は、現役最高位横綱であり、押しも押されぬ「平成の大横綱」である。そのほとんどをガチンコで通し、しかも、ガチンコなのに、すばらしい実績を残した。
そして、親方の中にも、信奉者が結構いる。

彼に足らないのは、年齢だけなのだ。

つまり、年功さえ満たせば、貴乃花親方に逆らえる親方は存在しなくなる。
そこで、北の湖の言葉となる。

要するに、あの言葉は、相撲協会が抱え込んでいる深い闇が前提にある。
誰も逆らえない実績と人間性を備え持つ貴乃花親方だけが、相撲協会の根本的な改革をすることが出来る、と言う意味なのだ。

そのことは、貴乃花親方自身が、一番よく分かっていることだろう。
今回立候補すれば、年が若すぎる故に、猛反発を受けることも、もう少し待てば、誰一人逆らう者がいないことも。

だが、「それを待っていては、手遅れになる」ということで、今回の立候補となったのだ。

で、これを読んだ人に、お聞きします。
「あなたは、立候補強行に賛成ですか?反対ですか?」

January 25, 2010

フリーセル#32,000クリア

先ほど、めでたく#32,000をクリアした。
使っていたFCサポーター95と言うツールは、この数までしか対応しておらず、メッセージが出てきた。

Freecell32000end





実は、XP以降のWindowsに付属しているフリーセルは、#10Mまで対応している。
なので、#32,000は、単なる通過点でしかない。

だが、サポートツールの名前に95とあるように、これを使ってフリーセルをやり出したのは、OSで言えば、Win98SEにさかのぼる。
OSが変わるたびに移し替え、延々とやってきた。

その時の目標が、これをクリアする、だったのだ。

「これで一区切り」なのである。

誰に誉められるでもない。
何の得がある訳でもない。
全てクリアした訳でもない。

完全な自己満足の世界だ。

フリーセルには、マジックナンバーと呼ばれる番号がある。
絶対にクリアできないように配置されているパターンのことだ。
よって、これは、何人たりとも、クリアできないことが証明されている。
当然、これは、クリアしていない。

また、OSを移し替えるたびに、番号の控えミスが無かったとも言い切れない。

だが、何はともあれ、クリアはクリアだ。
めでたい。

たとえ、誰も祝ってくれなかったとしても。

January 23, 2010

中年男よ、趣味を持て!

それも今すぐに。
ないなら、急いで探せ。

独身、夫婦円満なら、その必要はない。
また、子供に慕われているのなら、やはり不要だ。

そうでないおっさん達に読んで欲しい。

まず、具体的に、イメージしてみよう。

窓際定市(そうさい さだいち)50歳中堅商社マンで係長。あと2―3年で、年功序列の課長には成れそう。ただ、それ以上は無理。
このままでいくと、定年前に、閑職室長が最高レベル。

大学生と高校生の子供達は、まともに会話をしなくなって久しい。
上の娘などは、ここ2―3年、長文を話していない。
妻は、かなりの確率で、セックスフレンドがおり、夫である自分とは、年1回あるかないかだ。

近隣とは、会えば会釈する程度で、親しい人はいない。
友人は、学生時代にはいたが、いまは、年賀状だけのつきあい。

…こんなおっさん、そこらにいませんか?
そんなおっさん向けに書きます。

老後を充実させるためとか、潤いある生活のためにとか、そんなしゃれたうたい文句のために、ではない。
精神の均衡を保つために、趣味を持つべきである。

たとえば、

・ハーレーのガソリン代と部品代の為だけに働いている。
・仕事終わりの生ビールのためだけに働いている。
・山歩きのスケジュールを立てるだけでも、3日は楽しめる。
・空手命。押忍
・目指せ、チェスマスター
・中央線は、時刻表のP.286から。

…という人たちは、さっきのような環境でも、何とか生きていけそうな気がしないか?

で、下記のいくつかを満たしていると、もっと良い。

・お金がいらない
・わずかでも儲かる
・後ろ指はさされない
・人に誉められる
・その世界では、そこそこ尊敬されている
・この前、初心者向けに講師をやった

公序良俗に反せず、家計に負担を掛けなければ、なんでも良い。
急いで探すんだ、上記のおっさん達。

January 21, 2010

自宅へ伺うヘルパー?

何のことか?と、お疑いの向きもあると思う。

しかし、最近、TVのCMで、
「○○のヘルパーは、お宅までお伺いします」
と、画期的なサービスのように宣伝していたのだ。

これ、CMとして、かなり優れている様に思う。

なぜならば、当たり前のことを、もっともらしく言っているだけだからだ。
ヘルパーと言えば、一般に、ホームヘルパーを想像する人が多いと思う。
そして、家まで来るから「ホーム」なのだ。

だから、一般大衆にとって、家に来ないヘルパーなど、存在価値は無いと言っても良いくらいだ。

そんな大前提の常識を、もっともらしく、しかも、正々堂々と公言し、あたかも、画期的でハートフルなサービスであるかのように主張している。

しかも、紛らわしさなど、かけらもないのだ。
強いて上げれば、「どこでもやっているが」と言う、当然来るべき前置きを、省略していることだけだ。

一点の誤りも嘘もなく、こうまで自分に都合の良い方向へ誘導することが可能だとは思わなかった。
まさに、目から鱗であった。

いや、大したもんだ。

January 16, 2010

鬼太郎の目玉オヤジは、タモリ

鬼太郎の目玉オヤジの声を担当していた田の中勇氏が他界した。
このように特徴がある声でしかも、メジャーになってしまうと、後継が難しい。

ルパン三世などは、物まねのクリカンを採用するというウルトラDを採用し、イメージの継続に成功した。

そこで、目玉オヤジの声優に、そっくりな声を出せるタモリに白羽の矢があたり、タモリも快諾した。

……と言うガセネタである。

笑っていいともに声優の野沢雅子さんが出演した時に、タモリが披露し、野沢さんが、あまりのうまさに驚いたというあたりが、ネタ元であるが、まあ、あり得ない。

あり得ないが、あったとしたら楽しい限りだ。

あしたのジョーの丹下段平はぐっさん。
目玉オヤジはタモリ。

それだけで楽しいかも。

繰り返すが、私がでっち上げたガセネタである。

January 15, 2010

小沢幹事長は無罪?

小沢幹事長は無罪である。

「けっ!支持者か」
そう思った方も多いと思う。しかし、そうではない。
「推定無罪」と言い換えれば、「ああっ」と気がつく人もいると思う。

今回の場合、立証責任があるのは、検察側である。
それが出来なかった場合、推定無罪の原則により、無罪となる。

まず、あたかも有罪が確定したかのような過剰報道はやめるべきだ。

で、言いたいことはここから。

有罪とは、どういうことか。
法律に違反したことを、検察が立証できたということだ。

そこには、厳密な区別があり、有罪以外は、全て無罪と言うことになる。
この意味では、グレーなどと言う領域は、存在しない。

違法すれすれは、無罪なのだ。

今回の場合、これに該当する様に思えてならない。

小沢幹事長は、言っていなかったか?「法を犯してはいない」と。
つまり、「クロではない」と言っているに過ぎない。
「世間に顔向けできないことはしていない」とは、言っていないのだ。

まとめると、

・絶対に違法と立証されないように留意していた
・検察は、小沢本人を有罪であると立証できないだろう

こんなところだ。

だって、そうでなければ、二度もガサ入れなんて、しませんって。
検察は、相当必死で、かつ、焦っているようだ。

あと、自民党こそ、まさに「厚顔無恥」だろう。
どの面下げて、小沢批判をしているのか。
同じ穴の狢なのに。

それにしても、小沢批判をしている自民党の幹部の貧相なこと。

過去の栄光すら、消え去って久しい。

そんな印象を受ける。

「腐っても鯛」だが、さらに腐れば、ただの生ゴミである。

January 14, 2010

風花

「かざはな」と読むらしい。
天気雨ではなく、天気雪のことを言うらしい。

仕組みは、気温によって雨か雪に分かれるだけで、仕組みは同じ。

地表に落ちてくる前に、雲が消えてしまったり、風に吹かれて遠くから流されてきたり。
そんなこんなで、天気が良いのに降るらしい。

ただ、「狐の嫁入り」となったら、雨のこと以外は言わないし、「風花」は、雨の場合はあり得ない。

今日の場合は、風花でもないようだ。
降る時は、しっかりと雪が降る。
しかし、すぐに晴れて青空がのぞく。
でも、また、雪が本格的に降る。

とてもじゃないが、すぐ消えてしまうような雲から降ったとも思えないし、風に飛ばされてきたようなか弱い量でもない。

多分、今日のような気象を指す言葉はないと思う。

よって、でっち上げる。
今日は、狸の婿入りだぁ。

January 12, 2010

小寒の頃

1月5日に小寒に入ったらしい。
次は、大寒(20日)、立春(2月4日)と続く。

一般に、「暦の上で」と言う前置きがつき、実際の季節と外れているような表現をされる。

確かに、2月4日に「春の始まり」と言われても、ぴんと来ないのは理解できる。

そして、これは、新暦(太陽暦)と旧暦(太陰暦)のずれから来るもの、と、なんとなく理解されている。

しかし、それは、誤解である。

小寒などは、二十四節気といい、太陽の通り道である黄道を、春分点を起点に、24に分割したものである。
よって、旧暦などとは直接関係なく、江戸時代だろうが、今年だろうが、変わりはない。
むしろ、太陰暦のずれを修正するために用いられてきた経緯もあり、認識とは反対なのだ。

今も昔も、黄道上の春分点に変わりはなく、温暖化などによる変化を除けば、江戸時代も、「春とは名ばかり」と表現されたことだろう。

暦の名称と実際の体感とのずれは、中国の暦だから、である。

中国は、そのほとんどが大陸の内陸部にある。
よって、熱しやすく冷めやすい。
だから、夏至は暑く、冬至は寒いらしい。

日本は、周囲を海に囲まれている故に、1ヶ月~1ヶ月半、気温の変化が遅れる。
このため、中国の季節とは、多少ずれてしまうのだ。

よって、「小寒を過ぎると寒さは本番を迎え、立春の頃は、まだまだ暖かくはならない」、と言う我々の実感は、江戸時代の人々と全く同じであるはずだ。

旧暦と二十四節気を混同しないようにしよう。
なまじ関連があるだけに、混乱してしまうのだ。

今頃は、今も昔も、「小寒の頃」である。

January 09, 2010

自民党、民主の疑惑で攻勢強める

なんだかなぁ。

小沢幹事長が、参考人招致に応じない旨を明言したが、一理ある。

ただ、今まで取り締まってこなかったからと言って、免罪符にはならないのだから、厳密な捜査をしている検察側も、間違ってはいない。

ここで言いたいのは、自民党の態度である。

今現在、民主党政権を倒し、政権奪取しうる可能性を持つのは、自民党だけだ。
今の自民党では、到底無理だが、それでも、可能性は持っている。

そんな「4年後に政権を取れるかも知れない政党」という見地で、今の自民党を見てみる。

その見地からすると、今の自民党は、0点だ。

小沢・鳩山母の参考人招致?
普天間のどたばた?
鳩山の総理の資格?

いい加減にしろ!と言いたい。

大所高所から見た正論を堂々と主張出来ないのは何故か?
日本の将来を見通した上で、日本と国民を幸せに導く政策が、何故提案できないのか。

ついこの前まで政権政党だったのだから、政府・官僚の実態など、誰よりも知り尽くしているはずだ。
その自民党が、なぜ、「さすが」と思わせる提案・主張ができないのか。

これでは、「何にもせん党」だったから、といわれても、返す言葉が無いはずだ。

今の自民党の主張は、自分たちの過去に泥を塗る以外の何ものでもない。

目を覚ませや、自民党。

民主党の一人舞台では、日本は良くならないんだから。

January 07, 2010

Twitterって、そんなに楽しい?

今現在、登録していない。
なので、だいたいの想像でしかない。

登録したところで、のめり込まないと思うのだ。
コミュニケーションって、そんなに楽しいかねぇ。

もちろん、背景がある。
孤高を気取っている訳でもないし、すねている訳でもない。
私としては、冷静な状況判断だと思っている。

Webの時代になってからは、HPも持ったし、掲示板も開設した。
その後、このブログを開設して、mixiにも入会した。
そして、現在に至っている。

mixiは、ほとんど日記を書いていない人ので、Webに対しては、ここのトピックが、ほぼ全てだ。
だいたい、週に1~2と言うペースか。

でも、そんなに書くこと無いんだよねぇ。
たとえば、今日の昼に何食べたか、なんて、興味ないでしょ?

アイドルの誰それが、と言うなら話は別だ。
また、ダイエット記録ならば、重要なデータとなる。

しかし、その他大勢の中年のおっさんが、昼に何食べたかなんて、統計データくらいにしか、使い道は無いだろう。

Twitterに入るまでもなく、mixiには、ボイスという似たようなサービスがある。
書いてみたが、特に反応はない。
発言を増やしてみても、大差ないことだろう。

もちろん、自分から、あちこちにリンクを張ったり、コメントしたりして、開拓すれば、それなりに増えていくのだろうが、そこまで苦労して、コミュニケーションを取って頂こうとは思わない。

孤立しようとは思わないが、コミュニケーションにだけ、幸せが含まれているとは思えないのだ。

おそらく、Twitterに入っても、フォローしたりせず、気が向いた時に発言する程度だろう。
それなら、今と大差ない反応しか、返ってこないと予想できる。

よって、「そんなに楽しくないはずだ」と、思ってしまうのだ。

まあ、携帯メールの即返しを「義務」と勘違いしている向きには、それなりに繋がりが持てて、有意義なのかも知れないが。

おじさんは、気の合う女性との深いコミュニケーション以外は、特に、希望していないのだ。
で、それも、無かったりする。

January 06, 2010

日米関係に暗雲

普天間移設に絡んだ件。

まあ、対外的な防衛をアメリカに依存している以上、ある程度の妥協は、仕方ないのだろう。
本当に「対等な関係」を目指そうとすれば、自衛隊員を10倍にするか、徴兵制を敷く必要がある。
また、防衛予算も、GDP比1%などというセコイ規模では無くなるはずだ。

アメリカに対して「対等」と言い出せば、これだけの覚悟がいる。

ただ、日本の米軍基地は、東アジア全域に対する最前線基地という側面もあるため、アメリカも、「じゃあ撤退する」とは、言い出せない事情がある。
故に、交渉次第だろう。うまく交渉して、譲歩を引き出すべきか。

なので、対アメリカの「対等」は、ひとまず置いておき、他の国に対して、日本独自の取り組みをしていけばいいと思う。
軍事的には、アメリカ依存以外の選択肢は無いが、経済や人的交流では、その限りではないのだから。

英国とくっついて、フランスを経済的に攻めても良いし、その反対でも良い。
また、どこも攻めずに、仲立ちをして、差益を取っても良い。

強固にひとつになろうともがいているEU諸国に対し、日本が何をなしえるのか?と言う問題はあるが、可能性としては、「アリ」だと思う。

アジア地域に置いては、言うまでもない。
これから先、EU、特に旧西側諸国では、飛躍的な発展はないだろう。

飛躍的に延びるのは、アジア、それも、政治的に安定している国々だろう。
これらの国々に対し、一人前の独立国として、対等に渡り合うことは、さほど難しくないはずだ。

問題は中国。
少し前までのように、「かなり劣った開発途上国」などという認識を持っていては、取り残されることになる。

中国は、政治的・軍事的には、日本が同調しづらい体制であるし、非人道的な行動に対しては、断固たる非難を行うべきだ。
領土問題についてもそう。
中国も韓国も、是非はともかく、自分たちの主張を一方的に喚き立て、押し通そうという気質を持っているのだから、言うなりになっていては、何も始まらない。
しかし、経済的には、同調しうる面が多々あるはずだ。

経済は、ますます、ボーダーレスになっていく。
この面では、「アメリカ一辺倒」である必要はなく、中国にくっつくべき時期も来るかも知れないし、ひょっとしたら、ロシアにくっつかざるを得なくなるかも知れない。
そのどちらにしても、どちらでもなくても、一人前の国として、しっかりとした独自の判断で、

「言うべきは言い、引くべきは引く、出るべき時には断固とした決意で前に出る」

と言う毅然とした対処をしなくてはいけない。

それには、まず、

「日本は、東アジアで一番進んだ先進国」

と言う幻想、もしくは、過去の亡霊を払拭する時期に来ているだろう。

日本人は、アジアの国々と同じ「黄色人種」なのだから、差別意識も払拭し易いはずだ。
今年は、まず、これを心がける必要があるだろう。

January 04, 2010

2009年総括

【政治】

政権交代が最大のニュースか。
今現在、「与党が変わったこと」による効果は、それなりにあった様に思えるが、「民主党に変わったこと」による効果は、それほどでもない様に思える。

財政赤字にしろ、普天間移設問題にしろ、一切合切、自民党政権の後始末なので、全ての責を民主のだらしなさに求めるのは、間違いであろう。

【経済】

経済とは、古くは「経世済民」といい、「世を經(おさ)め、民を濟(すく)う」と言う意味らしい。(wiki)

しかし、現実は、ごく一部の大金持ちやその走狗がもたらした世界不況に足下をすくわれ、さらに、冷水を浴びせかけられて、凍死寸前といった有様だ。

この「寒さ」に強い者や「暖かい国」に逃げて言った連中は、そうでもないようだが、ほとんどの者は、寒さに震えていることだろう。
手っ取り早い解決方法は、「衣装持ち」が溜め込んでいる「コート類」を、引きずり出し、人々にあてがうことだろう。
しかし、中国でもあるまいに、事実上、不可能である。

【民心】

じっと我慢の子を決め込む以外に無かったようだ。
打って出る場所もなく、手段もない。
日本中を覆った経済不況が、人心にまで影響し、むしばんでいる。

耐えきれなくなった末の選択であろう自殺者数の急増が、それを裏付けている。

【国際】

様々な問題があったが、最大のものは、上に書いてある。
これは、世界の動向と日本の動向が完全にリンクし出している証拠となろう。
良くも悪くも、孤立しては成立しない段階に進みつつあるようだ。

【2010年の展望】

リーマンショックから、いつ立ち直るか?が分かれ目になるだろう。
第一四半期に、それなりの結果が出てくれば、後半は、少しは明るさが見えてくる。
しかし、この時期に、二番底に入るようだと、回復は、秋以降にずれ込む。

政治面も、これに影響を受けるはずで、民主党の力量に関係なく、大した結果は出ないだろう。

人々の心に置いては、この経済不況が、悪影響をもたらすだろう。
普段なら、ヘッドハンティングによって、他の企業に移れる人たちさえも、今の会社にしがみつき、人材の流動性が悪化し、経営側は、リストラ推進と、リスクを恐れる経営方針で、さらに、企業活動を冷え込ませる。
そして、政府も、本質的な対策は打てず、傍観することになるだろう。

その波及効果が、人心に及ぶ。
大人達は、今の職にしがみつき、休職者は、職を選ばず、職を求める。
若者達は、将来への不安を募らせ、敏感な者から、精神を患っていく。

母親達は、我が子を、数少ないエリートコースに載せるべく、さらなる勉強地獄へと追い立て、病んだ若者達を、さらに追いつめる。

また、映画「2012年」が、再び、「世紀末ショック」を広め、人々の心に、さらなる不安の種を播いていく。

今年は、「どうやったら良くなるか」ではなく、「そもそも何が悪いのか」「どうやったら、その悪さを直せるのか」といった、一段階前の試行錯誤を繰り返すことになるだろう。

今まで無数にあり、これからも無数にあるであろう「転換点」のひとつが今年訪れる。

「我々は、どこへ向かっていくのか?」と言うことについて、それぞれがそれぞれの立場で考えるべき時期なのだろう。

答えは出なくても良い。
真剣に考えること自体が大切だと思う。
そう言う一年になると思っている。

« December 2009 | Main | February 2010 »