Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 裏声 | Main | 石川被告が起訴される »

February 04, 2010

USBスティックが壊れたぁ

私のではない。知り合いのが壊れたらしく、こう言ってSOSがあったのだ。
で、OSはXPらしい。はっきり言って、手の打ちようがない。

とりあえずは、差しなおしたり、OSを変えたりして、試してみるように言ったのだが、のぞみは極めて薄いだろう。

最近のUSBスティックメモリは、GBが当たり前である。
動画のソースをそのまま運ぶ、なんて言う用途でなければ、2GBもあれば、全てのデータを持ち歩ける人も多いはず。
しかも、現状で稼働しているWindowsのほとんどで、そのまま使えるため、自分用のUSBを持っていて、それでデータを移す人が多い。

最近は、このUSBスティック内におけるソフトも登場しており、環境を持ち歩く人さえいる。

また、セキュリティのために、USBにコピーするのを禁止するところが増えているが、反対に、セキュリティデータをUSBに入れておき、認証に使うなど、USBスティックが頼りという状況が増えている。

それに伴って、表題のような、笑える悲劇が多発しているようだ。

FD、HDD、MO、CD-RWのような書き換え可能なリムーバブル媒体は、その性質上、信頼性が低かった。
どうしても、耐衝撃性に劣り、バックアップが必須だったり、バックアップ保存用としてしか、使われていなかったりした。

データ移動用に使われたとしても、オリジナルはHDDの中に存在しており、これらに移したデータが壊れても、問題になることは滅多になかった。

しかし、現在は、HDDの機能向上やUSBスティックの普及で、バックアップという、PCユーザーなら当たり前のデータ保全策がなおざりにされているようだ。

たしかに、USBスティックは、非接触媒体である。特殊とはいえ、メモリそのものであり、可動部分がないので、壊れにくい。
それ故、バックアップを怠けてしまうのだろう。

だが、少ないとはいえ故障もあるし、書き換え回数の制限だってある。
wikiによると、数百回だそうだ。
ちなみに、HDDは、物にもよるが、100万回以上と言われる。

なお、似たような構造を持つSSDも、同じ制約がある。
こちらは、書き込み形式や構造を変更して回数を増やしたり、全部のエリアを均等に使うようにするなどして、HDDからの置き換えを可能にしている。
ただ、苦肉の策であり、HDDには遠く及ばない。

USBスティックなんて、安いんだから、バックアップ取りましょうよ。

認証用など、それが必須な場合は、それこそ、バックアップ必須です。
セキュリティホールにならない場所、流出しない場所に、ね。

当分は、「USBスティックは当座のデータ移動用で、正解はHDD」が、無難だと思う。

« 裏声 | Main | 石川被告が起訴される »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/47474951

Listed below are links to weblogs that reference USBスティックが壊れたぁ:

« 裏声 | Main | 石川被告が起訴される »