Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 宴の終わりに~自民の系譜~ | Main | 小沢は消えず、ただ潜るのみ »

April 24, 2010

首相答弁草稿~GW明け普天間関係~

(注)県外移設継続用答弁

マニフェストにも明記してありますように、「最低でも県外」という方針の元、対等な日米関係、沖縄県民の負担軽減という大前提に沿い、この方針を実現すべく、必死の努力をしてまいりました。

これは、自民党政権の元で、すでに、米国との国際合意が済んでいるという過去をふまえ、このままでは、旧政権の合意のまま、辺野古への移設が進んでしまうとの危機感を、国民の皆さんと共有しており、その思いの元、そうならないように、政府閣僚を上げて、必死で努力してまいったものであります。

皆さん、このまま時間切れを迎えれば、辺野古への移設が自動的に進んでしまうことになります。
それで良いのでしょうか?

過日、選挙、反対集会などで、反対であるという沖縄県民の意志が示されました。
これを無視して、既定路線だから、と、強引に推し進めることは、私にはどうしても出来ません。

ですが、反面、国際合意の重みにも、思いを巡らして頂きたいのです。
日米同盟を推し進めるという点では、国際合意は、絶対に守らねばなりません。

既に国際合意したものを、片方の意向で覆そうとすれば、それなりの根拠と代案を示さねばなりません。

そこで、我々は、米国も納得し、日本国民も納得し、そして、一番大切な地元住民の理解も得られると言う道を模索している最中であります。

あと、残り少ない期間ですが、この方針の下、誠心誠意努力してまいる所存です。

国会議員の皆さんも、国民の皆さんも、辺野古への移設という既定路線を取らざるを得ないと言う事態を招かないでも済むように、引き続き、ご助力をお願いしたいと思っております。

これは、政府だけ、民主党だけで解決できる問題ではありません。
みんなで考え、努力していかないと、既定路線は変えられません。
よろしくお願いします。

第1稿 2010/04/24 担当官作成

(注)
皆さん、ご存じだと思いますが、一切合切、私のでっち上げです。
どこかからのリークだと、勘違いされる方は皆無だと思いますが、念のため。
このまま使われたら、笑うなぁ。

« 宴の終わりに~自民の系譜~ | Main | 小沢は消えず、ただ潜るのみ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/48165953

Listed below are links to weblogs that reference 首相答弁草稿~GW明け普天間関係~:

« 宴の終わりに~自民の系譜~ | Main | 小沢は消えず、ただ潜るのみ »